ナビゲーションをスキップする

1.住民異動の手続きをお忘れなく 

住民票は個人の居住関係を証明するとともに、選挙人名簿、国民健康保険、国民年金、義務教育の就学などの基礎となるものです。
住所に変更があった場合は、変更があった日から14日以内に住民異動の手続きを行ってください。
ただし、市外や県外に引っ越しする場合は、事前に届け出をすることができます。

手続きの際は、虚偽の申請を防ぐために、届出人の確認ができる証明書などの提示をお願いしていますので、運転免許証やパスポートなどをお持ちください。
また本人や同一世帯以外の方が届け出する場合は、委任状も必要です。

マイナンバーカード、マイナンバーの通知カード、住民基本台帳カードを持っている場合は、手続きの際、窓口に提示してください。

2.外国人住民の方へのお知らせ 

外国人住民の住民基本台帳制度がスタートしました。

平成24年(2012年)7月9日から、外国人の方にも住民基本台帳法が適用になり、日本人と同様、住民票が作成されました。
これにより、外国人住民の方も「外国人登録原票記載事項証明書」に替わって、住民票の写し等が発行されます。

外国人登録制度では、転出届はありませんでしたが、平成24年7月9日からは、居住する市区町村で転出届をし、新しい住所地の市区町村に在留カード(または特別永住者証明書)と転出証明書を持参し、転入届を行っていただくことになります。
また、日本から出国する際も転出届が必要になりました。

外国人登録証明書から在留カード等へ、切り替えが行われます。

外国人登録証明書は、平成24年7月9日から在留カードまたは特別永住者証明書に切り替わりました。
ただし、現在お持ちの外国人登録証明書は、しばらくの間、在留カード等とみなされ有効です。

外国人住民の方についても2013年7月8日から住基ネット運用開始

平成25年(2013年)7月8日から、外国人の方についても住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が開始されています。
これにともない、同日から外国人住民の方の住民票に住民票コードが記載されました。
詳細については、下記ホームページをご覧ください。

3.日本人住民の方へのお知らせ 

住民基本台帳カードが継続利用できるようになりました。 

住民基本台帳法が改正され、平成24年7月9日から、住民基本台帳カードが、他市区町村に転出しても継続利用できるようになりました。
転入先の市区町村で住民基本台帳カードを継続利用するには、住民基本台帳カードを提示し、暗証番号を入力する必要があります。代理の方が手続きされる場合には、ご本人から暗証番号を確認しておく必要がありますので、ご注意ください。

住民基本台帳カード、マイナンバーカードをお持ちの方は、転入届の特例が適用されます。 

住民基本台帳法が改正され、平成24年7月9日から、転出者の中に住民基本台帳カードをお持ちの方がいる場合は、転入届の特例が適用されます。平成28年1月1日から交付を開始しているマイナンバーカードについても同様です。
「転入届の特例」とは、転出手続きの際に、「転出証明書情報を転入先市区町村に住基ネットにより送信」し、転入届を簡略化する制度で、「転出証明書」は発行しません。
転入の手続きは、転入先市区町村に住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードを持参して行います。

転入届の特例の注意事項

転入届の特例は、転出手続きの際、有効な住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードをお持ちであることが要件になります。
また、転出届はおおむね転出予定日14日以前から届出できますが、届出が遅れ、転出した日から14日を過ぎると、転入届の特例は適用されなくなります。
郵送で転出届を提出される際は、転出した日から14日を過ぎないよう、ご注意ください。 

4 窓口サービスアンケートの結果について 

花巻市では、市民の皆様に、より満足していただけるサービスの向上を目指し、平成28年11月28日(月曜日)から12月2日(金曜日)までの5日間、窓口サービスアンケートを実施しました。

アンケートの結果は、大変良い評価をいただきましたが、これからも市民の皆様に満足していただけるよう、職員の対応や利便性の向上に努力してまいります。アンケートへのご協力ありがとうございました。

平成28年度アンケート結果(エクセル形式:615KB)

市民登録課トップページへ移動する

この記事についてのお問い合わせ

市民登録課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る