ナビゲーションをスキップする

例年、花巻市内の学校の冬休みが終了した頃から、インフルエンザによる感染が拡大し、学級閉鎖などの措置を行う件数が増加する傾向にあります。
県内では昨年の11月から引き続きインフルエンザが流行している状況で、花巻市内を含む中部地域では流行シーズンに入ってから患者数が増加、12月に一時減少したものの、1月の第2週に入ってから、また急激に患者数が増加しています。
今後、さらに患者数が増加することが懸念されますのでインフルエンザと疑われる症状がある場合には早めに医療機関を受診するとともに、周囲への感染を広げないようにマスクを着用するなど咳エチケットが重要です。

インフルエンザの感染を予防、拡大を防ぐために以下のことを心がけましょう。

病気と症状について

インフルエンザはウイルスの飛沫感染(咳やくしゃみ)や接触感染(感染者がウイルスのついた手で触れたものから感染する)で起こります。

典型的な症状は、38度以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、のどの痛み、咳、鼻水などもみられます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

飛沫感染対策としての咳エチケット

1. 咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと
2. 咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること
3. 手のひらで咳やくしゃみを受け止めたときはすぐに手を洗うこと等、普段から咳エチケットを守りましょう。

接触感染対策としての手洗いの習慣づけ

接触感染は感染者がウイルスのついた手で触れたもの(電車・バスのつり革、ドアノブ、スイッチなど)に別の人が触って、その手で口や鼻を触ることにより粘膜から感染します。
予防のため、外出先からの帰宅時、調理の前後、食事前などに石鹸を使ったこまめな手洗いを習慣づけてインフルエンザウイルスの感染を防ぎましょう。

適度な湿度の保持

空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下します。加湿器などを使って適度な湿度を保つことや、加湿器が使えない場所などではこまめな水分補給も効果的です。

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた食事を日ごろから心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控える

やむを得ず外出する場合は、感染予防のためにマスクを着用しましょう。

早めに医療機関を受診する

症状があるのに無理をして学校や職場などに行ったために、自分が原因となって周りの人がインフルエンザに感染してしまい、感染の拡大につながる可能性があります。
症状がある、または疑わしい場合は、早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けましょう。

詳しくは下記のページをご覧ください

この記事についてのお問い合わせ

健康づくり課

電話
0198-23-3121
FAX
0198-23-3122

025-0055 花巻市南万丁目970-5

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る