ナビゲーションをスキップする

予想図

平成27年11月9日に、第1回総合花巻病院移転整備検討委員会が開催され、市長が委員として出席しました。当該委員会は、公益財団法人総合花巻病院(以下「総合花巻病院」という。)が策定する旧岩手県立花巻厚生病院跡地への移転整備基本構想について、専門的な見地からの意見・提言等を受けるために、総合花巻病院が主催したものです。この委員会で総合花巻病院から提示のありました移転整備基本構想(案)について、市民の皆様にお知らせします。

委員会で配布された資料はこちらをご覧ください。

移転整備基本構想案の要旨

病床機能の最適化

二次救急受け入れの条件となる「一般病床」を維持しつつ、長期入院が可能で、在宅からの入院需要に対応できる「包括ケア病床」を新たに組み込むほか、「特定入居者生活介護施設」を併設することにより医療と介護の包括的住民サービスが提供可能となり、患者の退院支援に役立ちます。

リハビリテーション医療体制の強化

リハビリテーション医療体制については、現在、日曜と祝日は休みとなっておりますが、これを年間365日体制とし、職員を大幅に増員するなどの強化がなされます。

地域包括ケアシステムへの取り組み

医療・介護の連携、介護施設サービス、健診など予防、生活支援等「地域包括ケアシステム」の重要な構成要素を担います。

中核病院との連携強化

岩手県立中部病院や岩手医科大学附属病院との「より強い連携関係」を築き、疾患別連携が進み、こうした連携のもとに、「助産所の開設」、「小児科外来の開始」につなげることを目指します。

まちづくりへの影響

新病院や高等看護専門学校、認可保育園などの複合的機能の展開により、移転地において年間80万人の交流が図られ、市中心部におけるにぎわいの創出や、地域の活性化につながると考えられます。

事業費について

総事業費約99億円

この財源として総合花巻病院の案では、
・法人の自己資金・借入金:約56億円
・国や県からの補助金:約13億円
・花巻市からの補助金:約30億円(制度補助金の市負担分約9億円を含む)
が示されています。

市民説明会等の開催について

今回の検討委員会で総合花巻病院から提示された移転整備基本構想(案) にかかる市民説明会等を実施いたします。詳細はこちらをご覧ください。 

添付ファイルのダウンロード※一部のスマートフォンでは添付ファイルを表示できない場合があります。
移転整備基本構想(案)(PDF形式:13,222KB)

PDFファイルの閲覧には
Adobe Readerのインストールが必要です。
ダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

地域医療対策室

電話
0198-24-2111 (代表)
FAX
0198-24-0259 (代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る