ナビゲーションをスキップする

旧新興製作所跡地上部平坦地の埋蔵文化財の取り扱いについて

平成29年1月30日に開催しました「花巻城調査保存検討委員会」において、「旧新興製作所跡地上部平坦地の埋蔵文化財の取り扱いについて」協議をいたしましたのでお知らせします。

これは、平成28年9月に実施した当該地の試掘調査結果を同年10月3日に開催した「第1回花巻城調査保存検討委員会」に報告した際、「今回は試掘調査の概報の報告を受けたということにとどめ、今後、本館及び別館の基礎解体が行われる場合にはその立会調査結果も踏まえ、時代が複合して残されている上部平坦地の遺跡の分析を示し、遺跡の取り扱いについても方針の原案を示した上で再協議が必要」との意見を受けて開催したものです。

当該地の建物の解体工事は、開発者の事情から休止されていて、本館及び別館については立会調査が実施できない状況にあるため、委員会には9月の試掘結果を考古学的見地からまとめた報告書(1章から4章)を提出し、この中で「今後の対応についての考え方」を提示しました。内容は下記のとおりです。

4 今後の対応についての考え方

今回の試掘調査により、当該地においては埋蔵文化財が残存していることが確認された。しかし、試掘調査で検出された埋蔵文化財の内容は、これまで花巻市内において多く発見されている平安時代から近世に至る土坑や柱穴、竪穴建物跡であった。
また、当該地を取得し遺跡を保存・活用するには巨額の経費を要し、花巻市としてその負担をすることは難しい。 以上のことから、今後当該地における開発行為にあたっては、上部平坦地全域を対象する記録保存のための発掘調査を実施することとなるが、この場合の調査経費は当該開発事業者に対して求めることになる。

この提示に対し、同委員会からは「市の方針を理解し、承認する」との意見をいただきました。
なお、このほかに同委員会では11月に実施した花巻城二の丸南御蔵跡の内容確認調査の結果の報告も行いました。調査の内容につきましては、改めてお知らせいたします。

担当

教育部 文化財課 45-2111 内線351

新興製作所跡地上部平坦地の埋蔵文化財試掘調査について

平成28年9月13日から16日にかけて実施しました新興製作所跡地上部平坦地の試掘調査結果について、現時点での整理状況をお知らせいたします。

試掘調査は、本館・別館の底地などを除く支障物がない場所に12本のトレンチ(試掘溝)を設定して行いました。(試掘箇所、遺構・遺物の状況については添付の図面・写真を参照願います。)

北西部からは、柱穴・溝跡・土坑(用途が特定できない穴の跡)が検出されました。このエリアは、絵図面から花巻城の武家屋敷跡に位置しており、柱穴はこれに伴う掘立柱建物跡などの遺構である可能性があります。また、竪穴建物跡の可能性がある遺構が検出されたほか、近世の肥前産磁器(染付碗)の破片、平安時代の須恵器甕の破片が出土しています。

中央部からは、柱穴が散在する形で検出されたほか、溝跡を1本検出しました。

南東部では堀跡が1本検出されました。堀跡の総延長は20メートル以上あり、緩やかに湾曲して突端部を区画するように配置されていることが分かりました。堀跡からは遺物は出土していないため、詳細な時期は不明ですが、数種類残存する花巻城の絵図面のいずれにも描かれていないことから、それ以前の時代の遺構であると考えられます。

突端部では、柱穴と考えられる小さな土坑を1基確認しました。

これらの結果から、上部平坦地は戦前の工場建設や本館・別館建設の際にかなりの削平や破壊を受けてはいるものの、平安時代から近世までの遺構や遺物が残存していることが分かりました。昨年7月及び本年3月に開催した花巻城跡調査保存検討委員会において、試掘調査前の当該地について意見を伺ったところ、北西部の地点は削平を受けていないと考えられること、突端部周辺には古い時代の城館の遺構が残っている可能性があること、浅い遺構は削られているかもしれないが堀のように深く掘り込まれたものは残っている可能性があることなどのご指摘をいただいており、今回の試掘調査結果は、委員ご指摘の予測が裏付けられた結果でありました。

今回の試掘調査の結果は、去る10月3日に開催いたしました花巻城跡調査保存検討委員会で報告し、委員からは、本館の下にも堀が残っている可能性があることや、堀の断面形状から推定して当該地に花巻城以前の遺構が残っている可能性があることなどのコメントをいただいております。

しかしながら、同委員会としては、今回の試掘調査結果は一定の遺構の残存は確認できたものの、本館及び別館建物付近を除く断片的な情報であることから、遺跡全体についての把握は難しく、今回は試掘調査の概報の報告を受けたということにとどめ、今後、本館及び別館の基礎解体が行われる場合にはその立会調査結果も踏まえ、時代が複合して残されている上部平坦地の遺跡の分析を示して欲しいとの意見がありました。教育委員会としては、これまでの調査結果を精査した報告書を作成し、遺跡の取扱いについても方針の原案を示して、再度、同委員会と協議することといたしました。

次回の花巻城跡調査保存検討委員会は、教育委員会が11月まで実施する予定の花巻城二の丸・南御蔵跡の内容確認調査結果の報告と併せて平成29年1月頃に協議する予定としております。

なお、今回の試掘調査により遺構の残存が確認されたことから、当該地の開発に伴い遺跡が消失する場合には、文化財保護法の規定に基づく手続きを経て、開発者の負担により記録保存のための発掘調査が必要となります。

担当

教育部 文化財課 45-2111 内線351

添付ファイルのダウンロード※一部のスマートフォンでは添付ファイルを表示できない場合があります。
01_トレンチ位置図・上部平坦地絵図(PDF形式:322KB)
02_主要トレンチ遺構分布図(PDF形式:289KB)
03_新興製作所跡地試掘写真(PDF形式:457KB)

PDFファイルの閲覧には
Adobe Readerのインストールが必要です。
ダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

文化財課

電話
0198-45-1311
FAX
0198-45-1321

028-3163 岩手県花巻市石鳥谷町八幡4-161 石鳥谷総合支所2階

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る