ナビゲーションをスキップする

萬鉄五郎記念美術館「集団N39」展

  集団N39チラシ画像

1922年、萬鉄五郎が日本のアバンギャルドの先陣を切る。-それから50年 大阪・具体美術、九州派、東京・ネオダダと期を同じくして、戦後日本の前衛美術の開花を担い北の地盛岡に怪現した先鋭美術集団N39の軌跡を顧みる。

会期

平成21年9月19日(土曜日)~12月23日(水曜日・祝日)

主催・会場

萬鉄五郎記念美術館 岩手県花巻市東和町土沢5-135

入館料

一般600円(500円)、高校学生400円(300円)、小中学生200円(100円)
( )内は20名以上の団体料金 

開館時間

午前8時30分から午後5時まで(入館は4時30分まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は、その翌日 ただし9月21日は開館します。)

1960年代の日本美術を語るとき、大阪・具体美術、福岡・九州派、東京・ネオダダの活動にみられるように、極言すれば既成概念の否定であった。同様な動きが、東北の一地方都市でも繰り広げられていたことは、これまであまり知られていない。
1962(昭和37)年、「1人の詩人 8人の画家と1人の芸術家 舞踊家による 盛岡4月8日の日曜日」と題された舞踊と芸術による1日限りのショーは、高橋昭八郎、柵山龍司、村上善男、藤澤多巳夫、橋本正、杉村英一、及川節郎、大宮政郎、田村富男、上飯坂清子、伊藤元之の11名によって行われ、岩手の美術シーンに衝撃を与える。翌63年10月、「4月8日」メンバーを含む県内前衛芸術家10名が、「今日の美術展」を開催。同年末頃から彼らは、この集まりを「集団N39」と名乗るようになる。後に、佐々木弘、多田雅彦、藤原國男らが加わり、展覧会やパフォーマンスを通じ、以後6年間にわたり前衛美術運動を展開することになる。
やがて主催する「今日の美術展」をはじめとする年1回の展覧会活動に終始するようになり、運動が停滞し始める。そして団体結成から数年が経ち、造形思想や作品傾向が異なるようになった彼らが、集団を結成していることへの自己批判から、1969(昭和44)年12月、潔く発展的に解散することになる。その後も各作家は、それぞれ個性的な活動を展開し、独自の作品を提示し続けた。
一時期にせよ彼らの活動は、その後の岩手の芸術活動に多大な影響を与えた。今日、盛岡を中心に若手芸術家が多く存在する一つとして、地方にいることの意義や個性的な造形を生む風土性を、彼らの活動から感受した者も少なくない。解散後40年を経、今一度、この美術集団を再検証し、活動の実態をあきらかにするとともに、その意義と岩手の美術風土との相関に迫る。

出品作家:(敬称略/50音順)

  • 浅沼弘
  • 浅利篤
  • 大宮政郎
  • 杉村英一
  • 柵山龍司
  • 瀬川昌夫
  • 多田雅彦
  • 田村富男
  • 橋本正
  • 藤形一男
  • 藤澤多巳夫
  • 藤原國夫
  • 村上善男
  • 村上暢男
  • 高橋昭八郎
  • 伊藤元之

集団N39展チラシ(PDF形式:872KB)

記念シンポジウム「集団N39 結成と終焉」

「集団N39」メンバーによる成立とその足跡を探る

日時

平成21年(2009年)10月18日(日曜日)午後2時から

会場

萬鉄五郎記念美術館

この記事についてのお問い合わせ

萬鉄五郎記念美術館

電話
0198-42-4402
FAX
0198-42-4405

028-0114 岩手県花巻市東和町土沢5区135

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

周辺地図

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る