ナビゲーションをスキップする

藤根與治郎・藤原八弥 兄弟展

藤根與治郎  藤原八弥
(画像左/藤根與治郎藤根與治郎「藤根家の兄弟」鉛筆・紙 昭和初期、 右/藤原八弥「天と地・祈る鹿踊」水彩・紙 1984年)

花巻市東和町出身の藤原八弥(1914-1998、旧姓藤根)は、教員をしながら画家を志し、初期は地元土沢の風景を多く描きました。北上に移り住んでからは一水会会員として鬼剣舞をテーマに数多くの作品を制作し、民俗芸能の発展にも貢献。また、北上・国見山地区の文化復興や萬鉄五郎記念美術館(当時は萬鉄五郎記念館)の建設にも尽力しました。
その兄・藤根與治郎(1903-1959)も土沢で独学で絵画を学び、花巻や遠野を中心に、鉛筆画による 死者の肖像を数多く描きました。
この度の展覧会では、與治郎が残した肖像絵画の民俗的な意義と、八弥が描いた懐かしい郷里の風景や郷土芸能を描いた作品を紹介し、藤根與治郎、藤原八弥という画家の活動とその表現の変遷をたどります。

会期・会場等

名称

藤根與治郎・藤原八弥 兄弟展 
~萬鉄五郎から連なる地方美術の系譜~花巻市共同企画展「ぐるっと花巻再発見!」

会期

平成27年12月1日(火曜日)から平成28年1月31日(日曜日)まで

休館日

月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日から1月3日まで

入館料

一般500(450)円、高校・学生350(300)円、小・中学生200(150)円
(カッコ内は20名以上の団体料金)
(花巻市内小・中学生は「まなびキャンパスカード(含ふるさとパスポート)」、花巻市内在住の高校生、花巻市内の高校に在学する生徒は生徒手帳、富士大学学生は学生証を受付で提示いただくと、土・日・祝日と長期休暇期間の入館料が無料となります)

開館時間

午前8時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

主催・会場

萬鉄五郎記念美術館
住所:花巻市東和町土沢5区135番地
電話番号:0198-42-4402

後援

岩手日報社、岩手日日新聞社、盛岡タイムス社、河北新報社盛岡総局、朝日新聞盛岡総局、読売新聞盛岡支局、毎日新聞盛岡支局、産経新聞盛岡支局、日本経済新聞社盛岡支局、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、花巻ケーブルテレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、奥州エフエム、えふえむ花巻

関連事業

金津流丹内獅子踊公演

藤原八弥が好んで絵画のモチーフとした東和町谷内地区に伝わる郷土芸能・金津流丹内獅子踊の公演を行います。

日時等

日時:平成27年12月6日(日曜日) 午後1時から
会場:萬鉄五郎記念美術館 前庭
参加無料

チラシ表 チラシ裏

藤根與治郎藤原八弥兄弟展チラシ(PDF形式:1,772KB)

この記事についてのお問い合わせ

萬鉄五郎記念美術館

電話
0198-42-4402
FAX
0198-42-4405

028-0114 岩手県花巻市東和町土沢5区135

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

周辺地図

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る