ナビゲーションをスキップする

姉妹都市ホットスプリングス市のメアリー・ズーニック氏が、アーカンソー州務長官マーク・マーティン氏からアーカンソーダイヤモンド賞を授与されました

アーカンソーダイヤモンド賞とは

アーカンソーダイヤモンド賞は、州務長官が授ける賞の中で最も上位の賞であり、地域への重要な貢献をされた方、またその分野で顕著な業績を収めた方へ贈られるものです。

選定理由(原文要約)

ズーニック氏はアーカンソー州で最初の日本国名誉領事に任命され、世界の平和とホットスプリングス市の青少年のより良い教育の推進に努めている。ホットスプリングス市の姉妹都市プログラムは、国際姉妹都市協会のベストプログラムに選ばれ、日本の外務大臣表彰賞を受けている。
ズーニック氏の熱意と尽力により、地元の学校における言語(日本語教育を州で初めて導入)交流及び文化交流が発展し、また、活気ある商業的な結びつきを育てている。

記事原文はこちら(PDFファイルで開きます)

メアリー・ズーニック氏について

ズーニック氏は、Visit Hot Springsで文化事業部長としてご尽力されているほか、ホットスプリングス姉妹都市基金ではエグゼクティブディレクターとして、10年もの間、ホットスプリングス市と花巻市の交流にご尽力されています。また、2月にはアーカンソー州の日本国名誉領事にも選ばれました(日本国名誉領事について詳しくはこちらのページをご覧ください)

この記事についてのお問い合わせ

国際交流室

電話
0198-24-2111 (代表)
FAX
0198-24-0259 (代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る