ナビゲーションをスキップする

「第2回在宅生活を支える多職種が集う会」を開催しました

市では、市内の医療や介護福祉関係者を対象に、顔の見える関係づくりと情報の交換や知識の共有を図りながら、それぞれの専門性や役割について理解することを目的に「在宅生活を支える多職種が集う会(以下、集う会)」を開催しています。
平成28年7月12日、なはんプラザにおいて「第2回在宅生活を支える多職種が集う会」を開催し、市内の医療介護従事者114名に参加していただきました。

開催内容

第1回目(平成28年3月9日開催)の集う会において把握された「情報共有の場面やツールはあるが必要な情報が共有されていない」という課題をもとに、医療職と介護職それぞれが、「知りたい情報」と「伝えたい情報」、双方の情報の「連携方法(ツール)」について意見を出し合いました。

<医療職が知りたい情報>
主に生活状況・状態、サービス提供に関すること
<介護職が知りたい情報>
主に身体状況・状態情報、診療・治療記録に関すること

医療、介護に携わる皆様が、お互いに知りたい具体的な情報について確認し、情報共有の方法について考える機会となりました。

第3回集い介護職意見 第3回集い医療職意見
(介護職側の意見の一例)(医療職側の意見の一例)

意見のまとめ
PDF知りたいこと(PDF形式:97KB)
PDF伝えたいこと(PDF形式:102KB)

今回も少人数のグループ形式で、和やかな雰囲気のなか、席替えをしながらたくさんの方と意見交換をされていました。
参加された方からは、「日々の業務に生かしていきたい」との声が聴かれました。
皆さまお忙しい中、ご参加ありがとうございました。

この記事についてのお問い合わせ

長寿福祉課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-41-1299

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る