花巻デンタルインフォメーション
歯科Q&A
乳幼児 学童 成人 高齢者
角丸
spacer
成人Q&A
  Q1  歯石がつきやすく悩んでいます。自分で簡単に採れる方法はありませんか。
  A1  一度歯について硬くなってしまった歯石はいくら上手にブラッシングしても取り除くことは出来ません。早めに歯科医院に行って除去してもらいましょう。
 予防としては、歯磨きをきちんと行い、歯垢のつきやすい人と、つきにくい人がいるようです。つきやすい人はなおさら、定期的に健診を受け、歯石のチェックを心がけましょう。

  Q2  歯肉の色が悪くなってきました。治すことはできますか?
  A2  歯肉の色が悪くなる原因は、歯肉炎や歯周炎、また、治療した歯のつめものやかぶせもの不適合により、血行が悪くなっていることなどが考えられます。いずれの場合も、正しい歯磨きを続けたり、再治療をおこなうことにより、歯肉は健康なピンク色に戻ってきます。しかし、歯肉の色は個人差があるのであまり神経質にならないで下さい。

  Q3  顎のかみ合わせが悪いと言われました。どういうことですか?
  A3  歯ならびが悪かったり、歯のつめものやかぶせものが不適合で、上下の歯がうまくかみ合わない部分がありそれによって顎の動きが不自然になっている状態を言います。そのままでは、顎関節症といって口を大きく開けたときにガクっとした音がしたり痛みを感じるようになったり肩こりや頭痛、めまいやイライラ、手足のしびれなど、様々な症状を引き起こすこともあります。是非一度、歯科医にご相談下さい。

  Q4  歯磨きが呼吸器の病気の予防になるって本当ですか?
  A4  高齢者の死亡原因で上位を占めるのは老人性肺炎や気管支炎などの呼吸器感染症が、食後の歯磨きや、寝たきりの人なら上体を起こすことで、かなり防げることがわかってきました。これらの病気の多くは体の機能が衰えたために、雑菌で炎症を起こすのが原因といわれています。そこで食後の歯磨きで口の中を清潔にし雑菌を取り除き、胃から食物などが逆流しないように上体を起こせば、呼吸器の病気の予防になるのです。

  Q5  歯周病予防検診の案内が来たけど、なんともないから受けなくていいですか?
  A5  「歯周病」は、細菌の感染によって、ハグキなどに炎症が起きる病気です。痛みを感じることが少ないため、気づかないうちに進行し、放っておけば歯が抜け落ちてしまいます。最近、歯周病は口の中だけでなく、様々な病気ともかかわりがあることが解ってきています。歯周病菌が血液中に入り、全身に影響を及ぼす可能性があります。糖尿病や心筋梗塞、肺炎、低体重児の出産などに関連があると言われています。歯周病予防検診は、ご自分のお口のケアを見直すとても良い機会です。ぜひ受けましょう。
spacer
角丸 spacer 角丸
Copyright 2000 Hanamaki Shikaishikai.