ナビゲーションをスキップする

クビアカツヤカミキリ
成虫(植物防疫所原図)

クビアカツヤカミキリを見かけたら連絡を

クビアカツヤカミキリ(Aromia bungii)は、幼虫が生木に食入・加害することで、樹木を衰弱させる害虫です。原産地は、中国、台湾、朝鮮半島、ベトナム北部などであり、国内ではこれまで7都府県で発生が確認されています(平成29年1月時点)が、本県では、これまで確認されていません。

本虫の寄種植物は、サクラ、セイヨウスモモ、ウメ、モモ、カキ等です。
本虫又は本虫による被害が疑われる場合には、病害虫防除所(0197-68-4427)または植物防疫所にご連絡ください。
詳細は添付の資料をご覧ください。

添付ファイルのダウンロード※一部のスマートフォンでは添付ファイルを表示できない場合があります。
クビアカツヤカミキリ(Aromia bungii)について(PDF形式:243KB)

PDFファイルの閲覧には
Adobe Readerのインストールが必要です。
ダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

農政課

電話
0198-23-1400(課直通)
FAX
0198-23-1403

花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る