ナビゲーションをスキップする

平成29年度農作業安全運動スローガン

「いつもの慣れが 落とし穴 急がずあせらず 農作業安全」

岩手県では、9月15日から11月15日までを県下一斉「秋の農作業安全月間」として、農作業事故防止の取組みを強化しています。
平成29年8月31日現在、県内では4件の農作業死亡事故が発生しています。うち2件は花巻市内で発生しております。

『声をかけあい、助け合い作業事故0(ゼロ)へ!~1人ひとりの安全意識と仲間との「声かけ」が農作業事故を防ぎます。

fall2017

農作業事故を防ぐため、次のことを心がけましょう

  • ゆとりのある計画的な作業を心がけましょう。
  • 夕暮れ時に道路を歩行又は農業機械で走行する際は、身に着けるものや農業機械に夜光反射材を付けましょう。
  • コンバインにワラがつまったときは、必ずエンジンを停止してから取り除きましょう。
  • 家族の誰でもエンジンを停止できるよう、日頃から機械のスイッチの位置を家族で共有しましょう。
  • 一人での作業は避け、家族には作業場所と帰宅時刻を知らせましょう。
  • 農業機械の横転・転落事故から体を守るため、トラクターには必ず安全フレームを装着し、運転者はシートベルトを締めましょう。
  • ほ場や路肩は事前に点検し、路肩が分かるよう草刈りをしたり、ポールを立てて路肩を明確にするなど、危険箇所の「見える化」を進めましょう。
  • トラクターで道路走行する時、ほ場へ出入りする時は、左右ブレーキを連結し、片ブレーキの誤操作による転倒事故を防止しましょう。
  • 脚立など高所での作業をする時は、転落しないよう注意しましょう。
  • 農作業に出かける時は、携帯電話を持ち歩きましょう。

農作業に伴う道路の泥汚れ防止について

農作業後には農業機械についた泥を道路に出る前に落としましょう。
道路に落ちた泥は交通の妨げとなる場合がありますので、すぐに片付けましょう。

この記事についてのお問い合わせ

農政課

電話
0198-23-1400(課直通)
FAX
0198-23-1403

花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る