ナビゲーションをスキップする

  • 特別障がい者手当、障がい児福祉手当、特別児童扶養手当、児童扶養手当、在宅重度障がい者家族介護慰労手当
    、心身障がい者扶養共済制度の説明ページです。

  • 児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とした制度です。
    お子様が生まれた方、転入した方は、原則として申請月の翌月分からの支給となります。速やかに申請をお願いします。

  • 平成27年1月1日から、障がいのある方や障がいのあるお子さんの「障がい福祉サービス等」(障がい福祉サービス・相談支援・補装具および地域生活支援事業・障がい児通所支援・障がい児入所支援)の対象となる疾病(難病等)が、これまでの130から151に拡大されます。対象となる方は、障がい者手帳(身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳)をお持ちでなくても、必要と認められた支援が受けられます。

  • 私立幼稚園に通う園児の保育料等の減免手続きについての記事です。

  • 市では昨年に引き続きインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。対象者は小学生と未就学児となりますので、希望される方は申請をお願いします。

  • 学童期(小学生以上)の定期予防接種のお知らせです。二種混合、日本脳炎など

  • 乳幼児予防接種の説明。
    市では予防接種法に基づいてワクチンの定期接種を行っています。

  • 花巻市内に住所を有する、母子及び寡婦福祉法第6条第1項に規定する配偶者のない女子及びそれに準ずる男子(配偶者が重度心身障がい者の場合も含む)で、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの児童を扶養している方。
    また、その扶養されている児童及び父母のない児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの児童)。
    (所得制限がありますので、受給者及び保護者の所得が限度額を超えない場合に該当します。)

  • 医療費助成制度の対象となる方には、医療費助成受給者証を交付いたします

  • 花巻市では、特定不妊治療(体外受精、顕微授精)を受けた夫婦に対して、経済的な負担を軽減するため、治療費の一部を助成します。

  • 国保に加入している方が出産したとき(妊娠85日以上の死産、流産も含む)は、出産育児一時金が支給されます。支給額や制度などを説明します。

  • 事前に申請することにより、出産育児一時金を世帯主に代わって医療機関等が受け取る制度です。これにより退院時の医療機関等への支払いは、出産育児一時金と出産費用の差額分だけの負担となります。出産予定日の1か月前から受付けます。

  • 特定不妊治療を受けた夫婦に対し治療費の一部を助成していますが、平成28年4月1日から助成の対象範囲、助成回数が変わります

  • 乳幼児医療費助成事業が拡充されることから、6月初旬申請対象となるご家庭に交付申請書を送付しているので、提出していない方は提出をお願いします。

  • 乳幼児医療費助成事業について、平成27年8月1日から就学前の児童を対象とした「乳幼児医療費助成事業」の助成内容を拡充します。

このページの先頭部へ戻る