ナビゲーションをスキップする

  • 医療と介護の連携を推進するために、多職種協働の意見交換を行い、それぞれの専門性や役割について理解しながら、情報の交換や知識の共有を図る。

  • 医療と介護の連携を推進するために、多職種協働の意見交換を行い、それぞれの専門性や役割について理解しながら、情報の交換や知識の共有を図る。

  • 医療と介護の連携を推進するために、多職種協働の意見交換を行い、それぞれの専門性や役割について理解しながら、情報の交換や知識の共有を図る。

  • 災害や事業の休廃止、失業などの特別な理由により、収入が著しく減少し療養における自己負担額(一部負担金)の支払いが困難と認められる場合に、自己負担額の減免又は徴収を猶予します。

  • 医療と介護の両方のサービスを利用している世帯は負担を軽減できます。

  • 医療費が高額で支払いが困難な場合、高額療養費支給見込額を上限として無利子で貸付する制度です。
    ただし、貸付ができるのは貸付金が1万円以上となる場合です。

  • 世帯の1か月間の医療費の自己負担額(一部負担金)が、その世帯の自己負担限度額を超えた場合、申請すると超えた分が高額療養費として支給されます。

  • 国民健康保険の給付は原則として、世帯主による申請により、世帯主へ支給されます。療養の給付、入院時食事療養費、療養費、高額療養費など。その他の制度についても紹介しています。

  • 国保に加入している方が出産したとき(妊娠85日以上の死産、流産も含む)は、出産育児一時金が支給されます。支給額や制度などを説明します。

  • 花巻市の国保に加入している方のうち、当該年度内に35歳から74歳に達する方が人間ドックを利用したとき、世帯主に対し利用料から特定健康診査分を除いた額の2分の1の額と特定健康診査分の合計額(上限2万円)を交付します。

  • 国保に加入されている方が死亡したとき、申請により葬祭を執り行った方(喪主)に葬祭費3万円が支給されます。

  • 長期間にわたって高額な治療を必要とする下記の疾病の方は、各健康保険制度で所定の手続きをすると、自己負担限度額が1医療機関につき、10,000円(月額)となります。

  • 病院へかかるときの、自己負担割合をご紹介します。

  • 療養費の種類と手続きについて

このページの先頭部へ戻る