ナビゲーションをスキップする

  • 国民健康保険、後期高齢者医療保険、国民年金、公費医療についてのよくある質問にお答えしています。

  • 国民年金に対するよくある質問を掲載しています。

  • 国民年金トピックスなど、国民年金についてのお知らせです

  • 1月1日から12月31日までの1年間に納めた国民年金保険料は、所得税および住民税の申告において全額が社会保険料控除の対象になります。

  • 毎年11月は、年金の意義や役割を理解してもらい、年金をを身近に感じていただくための「ねんきん月間」です。また、11月30日は自身の年金記録などから老後の生活設計を考えていただこうとする「年金の日」です。

  • 国民年金に加入している方や老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある方が亡くなったとき、その方に生計を維持されていた子のある配偶者または子が受けられます。

  • 寡婦年金…夫が亡くなったとき、要件を満たす妻が受けられます。
    死亡一時金…家族が亡くなったとき、要件を満たす遺族が受けられます。

  • 国民年金(基礎年金)の給付は、老齢・障害・遺族の3種類です。

  • 国民年金は、すべての国民を対象として、老後の生活や、病気やけがで障がいが残ったとき、生計を維持していた方が亡くなったときなどに、経済的な支えを行うことを目的としています。

  • 国民年金に加入中や20歳前または日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方で老齢基礎年金を受けていない期間に、障がいの原因となった病気などで初めて医師等の診療を受けたときに受けられます。

  • 国民年金に任意加入していなかったことにより、障害基礎年金などを受けられない方の福祉的措置として創設されました。

  • 国民年金に一定の期間加入した方が、原則として65才から生涯にわたって受けられる年金です。

  • 年金を受けている方が亡くなったとき、亡くなった月分までの年金をその方と生計を同じくしていた遺族が未支給年金として請求することができます。また、年金受給権者死亡届の提出が必要です。

このページの先頭部へ戻る