ナビゲーションをスキップする

  • 届け出できる方は世帯主と、住民登録上の同一世帯の方です。それ以外の方が届け出をする場合は、代理人選任届が必要です。

  • 医療と介護の両方のサービスを利用している世帯は負担を軽減できます。

  • 医療費が高額で支払いが困難な場合、高額療養費支給見込額を上限として無利子で貸付する制度です。
    ただし、貸付ができるのは貸付金が1万円以上となる場合です。

  • 国民健康保険(国保)は、病気やけがをしたとき安心して医療が受けられるように、みんなでお金を出しあい、助けあう制度です。
    医療費は皆さんが納めた国保税と、国などからの補助金で賄われています。

  • 事前に申請することにより、出産育児一時金を世帯主に代わって医療機関等が受け取る制度です。これにより退院時の医療機関等への支払いは、出産育児一時金と出産費用の差額分だけの負担となります。出産予定日の1か月前から受付けます。

このページの先頭部へ戻る