ナビゲーションをスキップする

老齢基礎年金

国民年金に一定の期間加入した方が、原則として65歳から生涯にわたって受けられる年金です。 
一定の期間とは、以下の期間を合計して、原則として25年以上あることが必要でした。
平成29年8月1日からは、10年以上あれば受けられるようになります。これまで老齢基礎年金を受けられなかった方で該当する方には、日本年金機構より「短期」と記載された黄色の封書で年金請求書が届きますので、ねんきんダイヤル(電話0570-05-1165)に電話予約の上、花巻年金事務所で手続きしてください。 

  1. 国民年金保険料を納めた期間
  2. 国民年金保険料の免除期間 (一部免除の承認を受けた期間は免除されない残りの保険料を納めた期間)
  3. 納付猶予期間
  4. 学生納付特例期間
  5. 昭和36年4月以降の厚生年金、共済組合などの加入期間
  6. 第3号被保険者期間
  7. 合算対象期間(カラ期間)

合算対象期間(カラ期間)とは

老齢基礎年金を受けるための受給資格期間としてみなすことができる期間です。

主な合算対象期間は次の期間です。

  • 昭和36年4月から昭和61年3月までの間で配偶者が厚生年金、船員保険、共済組合に加入している間、本人が何の年金にも加入していなかった期間
  • 昭和36年4月以降で20歳以上60歳未満の間、海外に在住していて任意加入しなかった期間
  • 昭和36年4月以降の厚生年金の脱退手当金(昭和61年4月から65歳になる間に免除を含む保険料納付期間がある方に限る)や共済年金の退職一時金を受けた期間
  • 昭和36年4月以前の厚生年金などの期間で通算対象期間になるもの
  • 昭和36年4月から平成3年3月までの間で、20歳以上の学生が国民年金に任意加入しなかった期間
  • 昭和36年4月以降の厚生年金保険(共済組合)加入期間のうち、20歳未満または60歳以降の期間
  • 任意加入した20歳以上60歳未満の間で保険料を納めなかった期間 

    詳しい内容は、年金事務所へお問い合わせください。
    なお、老齢基礎年金を受けるための受給資格期間として計算されますが、年金額には反映されません。

年金額

平成29年度(4月、5月分の受け取りは6月です)
年金額(満額):年額779,300円(月額64,941円)

  • 20歳から60歳になるまでの40年間(加入可能年数)保険料を納めて、満額の年金を受け取ることができす。
  • 昭和16年4月1日以前に生まれた方の加入可能年数は、生年月日により短縮措置がとられています。
  • 未納や免除などの期間、カラ期間があると年金額が少なくなります。

年金額の計算方法

779,300円×{A+(B×2分の1)+(C×8分の5)+(D×4分の3)+(E×8分の7)}÷{加入可能年数 × 12か月}

A:保険料納付月数
B:全額免除月数
C:4分の3免除月数
D:半額免除月数
E:4分の1免除月数

  • 一部免除の承認を受けたときに免除されない残りの保険料を納めていない場合は、保険料未納扱いとなります。
  • 上記における年金額への反映割合は平成21年4月以降の免除に適用されます。(平成21年4月から基礎年金の国庫負担割合が2分の1になりました。それ以前は3分の1です。)

繰上げ支給と繰下げ支給

繰上げ支給

老齢基礎年金は、原則として65歳から受けられますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間に繰り上げて受けることができます。
ただし、繰上げ請求をした時点(月単位)に応じて年金額が減額され、その減額率は生涯変わりません。
また、その他にも障害基礎年金や寡婦年金を請求できなくなるなどの制限があります。 

繰下げ支給

希望すれば66歳以降70歳までの間に繰り下げて受けることができ、繰下げ請求をした時点(月単位)に応じて年金額が増額されます。

手続・届出先

第1号被保険者期間のみの方:市区町村
第3号被保険者期間を含む方:年金事務所

この記事についてのお問い合わせ

国保医療課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-22-6649

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る