ナビゲーションをスキップする

国民年金の加入の届出

第1号被保険者の手続き

自営業者、農林漁業者、無職、自由業者、学生などの日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方

20歳になったとき

  • 必要な手続き:住所登録している市区町村で、資格取得の届出をします。
  • 必要なもの:認印(本人署名の場合は不要)

就職したとき

  • 必要な手続き:厚生年金に加入すると、第2号被保険者になります。手続きは勤務先が行います。
  • 必要なもの:勤務先に確認してください。

退職したとき

  • 届出先:市区町村

結婚したとき

  • 必要な手続き:厚生年金に加入している配偶者(第2号被保険者)に扶養される場合は、第3号被保険者になります。手続きは配偶者の勤務先が行います。
  • 必要なもの:配偶者の勤務先に確認してください。

転入したとき

  • 必要な手続き:転入先の市区町村に国民年金の住所変更の届出をします。
  • 必要なもの:認印(本人署名の場合は不要)、年金手帳

転出したとき

  • 必要な手続き:転出先の市区町村に国民年金の住所変更の届出をします。
  • 必要なもの:認印(本人署名の場合は不要)、年金手帳

海外へ転出するとき

  • 必要な手続き:資格喪失の届出をします。希望により任意加入することができます。
  • 必要なもの:認印(本人署名の場合は不要)、年金手帳、口座振替を利用する場合は預(貯)金通帳と通帳届出印も必要です。
  • 届出先:市区町村または年金事務所

海外から転入したとき

  • 必要な手続き:資格取得の届出をします。任意加入していた方で口座振替を継続する場合は再度手続きが必要です。
  • 必要なもの:認印(本人署名の場合は不要)、年金手帳、パスポート、任意加入していた方で口座振替を継続する場合は預(貯)金通帳と通帳届出印も必要です。
  • 届出先:市区町村または年金事務所

第2号被保険者の手続き

会社員や公務員など、厚生年金保険に加入している方

就職したとき 

  • 必要な手続き:厚生年金に加入すると、第2号被保険者になります。手続きは勤務先が行います。
  • 必要なもの:勤務先に確認してください。

退職したとき

  • 必要な手続き:20歳以上60歳未満の方が退職した場合、第1号被保険者になる届出が必要になります。
  • 必要なもの:認印(本人署名の場合は不要)、年金手帳、資格喪失年月日が記載された書類
  • 届出先:市区町村

第3号被保険者の手続き

第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の方

就職したとき

  • 必要な手続き:厚生年金に加入すると、第2号被保険者になります。手続きは勤務先が行います。
  • 必要なもの:勤務先に確認してください。

配偶者が退職したとき

  • 必要な手続き:第3号被保険者から第1号被保険者への変更の届出が必要になります。
  • 必要なもの:認印(本人署名の場合は不要)、年金手帳、資格喪失年月日が記載された書類
  • 届出先:市区町村

離婚したとき、扶養からはずれたとき

  • 必要な手続き:第3号被保険者から第1号被保険者への変更の届出が必要になります。
  • 必要なもの:認印(本人署名の場合は不要)、年金手帳、離婚または扶養からはずれた年月日が記載された書類
  • 届出先:市区町村

詳しくは、日本年金機構ホームページをご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

国保医療課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-22-6649

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る