ナビゲーションをスキップする

「介護マーク」を活用しましょう

「介護マーク」を活用しましょう

認知症の方などを介護する方が、介護中に公共のトイレを利用する際や買い物などをする際に、周りの人から見ると介護していることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれることがあります。
そのため、静岡県では、介護していることが一目で分かるよう「介護マーク」を作成、普及に取り組んだところ、反響を呼び、国(厚生労働省)を通じて全国への普及が推進されています。
当市でも、高齢者や障害者などの方を介護する方の精神的な負担軽減や、地域における日常的な支え合いを推進するため、介護マークの普及に取り組みます。 

「介護マーク」
介護マーク「介護マーク」は、介護する方が、介護中であることを周囲に理解していただくためのものです。
外出先で、この介護マークを見かけたら、温かく見守ってください。

活用する例としては、下記のような場面があります。
1.介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき。
2.駅やサービスエリアなどのトイレで付き添うとき。
3.男性介護者が女性用下着などを購入するとき。

例(ネームホルダーに入れて使用)
例」(ネームホルダーに入れて使用)「介護マーク」のデータは、ホームページからダウンロードすることができます。また、ダウンロードが困難な方は、本庁長寿福祉課、各支所市民サービス課と各地域包括支援センターで「介護マーク」を配布(カードのみ)いたしますので担当窓口へお申込みください。
 

「介護マーク」のダウンロードは下記からお願いします。

   「介護マーク」ダウンロード用( Wordファイル ,179KB)     

この記事についてのお問い合わせ

長寿福祉課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-41-1299

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る