ナビゲーションをスキップする

食品ロスとは?

日本では、多くの食べ物を輸入しながら、食料消費全体の3割にあたる年間2,775万トンの食品廃棄物を排出してます。
このうち、売れ残りや期限を超えた食品、食べ残しなど、本来食べられたはずの、いわゆる「食品ロス」は約621万トンと試算されています。(農林水産省及び環境省「平成26年度推計」 )
花巻市内で発生した食品ロスの大部分が生ごみとして焼却処理されておりますので、食品ロスを減らすことはごみの減量化にも大きく関わってきます。
「もったいない」という意識と、ちょっとした心がけで「食品ロス」を減らしましょう。

食品ロスを減らすためには

国では、消費者自らが食品ロスの削減を意識した消費行動等を実践する自覚(例:賞味期限等の食品表示の正しい理解、冷蔵庫の在庫管理、食品ロスに対する意識改革)を形成するために普及啓発活動を行っております。

消費者庁ホームページ

食べ物のムダをなくそうプロジェクト(新しいウィンドウで開きます)
飲食店等における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項について(新しいウィンドウで開きます)

農林水産省ホームページ

食品ロスとは(新しいウィンドウで開きます)

環境省ホームページ

食品リサイクル・ロスに関する取組(新しいウィンドウで開きます)

この記事についてのお問い合わせ

生活環境課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-21-1152

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る