ナビゲーションをスキップする

銀河ステーション 賢治の学校

一般社団法人アニメツーリズム協会が主催する「2019年版 日本のアニメ聖地 88」が、平成30年10月29日(月曜日)に発表され、「宮沢賢治童話村」が2年連続で聖地の一つに選ばれました。
「アニメ聖地 88」は、同協会がアニメの聖地88か所を選定し、聖地を核に広域観光ルートを造成することで、観光資源の掘り起こしや訪日観光客のエリア送客を促進しようとするものです。今回、童話村が選定されたのは、宮沢賢治がアニメ作品となった『銀河鉄道の夜』、『グスコーブドリの伝記』の原作者であり、原作者ゆかりの施設という位置づけからです。

注)アニメ聖地とは
アニメや漫画の舞台やモデルになった地域や場所
作家ゆかりの街や生家、記念館
作品などに関連する博物館、建造物、施設

「アニメ聖地 88」についての詳細は、一般社団法人アニメツーリズム協会のホームページをご覧ください。
一般社団法人アニメツーリズム協会ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

この記事についてのお問い合わせ

賢治まちづくり課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る