ナビゲーションをスキップする

「花巻市消防本部救急情報シート」の運用を平成29年12月25日から開始しています 

本事業の背景

花巻市における平成28年中の救急事案では中等症(3週間未満の入院を必要とするもの)以上が62パーセントですが、高齢者福祉施設に限ると77パーセントに上ります。急がなければならない事案が多いということが分かると思いますが、高齢者福祉施設における救急事案のほうがそれ以外に比べて現場滞在時間が長くかかっているという現実があります。平均で高齢者福祉施設では18.6分、それ以外の場所では18.3分と若干ではありますが、救急車が現場を出発するのが遅くなっています。これには、救急隊と施設職員の間で傷病者に関する情報伝達に時間を要していることが理由に挙げられます。そこで、救急隊が必要な傷病者の情報を1枚の紙で把握できる「花巻市消防本部救急情報シート」(以下救急情報シート)を作成しました。 

救急情報シートで分かる情報は?

入所者の住所、氏名、生年月日などの基本情報のほか、病歴服用中の薬やかかりつけ医、普段の生活状況、緊急連絡先、救命処置拒否について(本人または家族の希望により、医師との取り決めで心肺停止時に蘇生を試みないこと)などの項目があります。蘇生を試みないとは、救急搬送時に救急救命士による器具を用いた気道確保、静脈路確保及び薬剤投与などの特定行為と呼ばれるものを積極的に行わないことです。これまでは入所者の情報伝達に時間を要していましたが、これらの内容が記載された救急情報シートがあれば救急隊が必要な情報を時間をかけずに得ることができます。 

運用の対象となる施設は?

平成29年度は高齢者福祉施設の中でも日帰り通所を除く高齢者施設を対象に救急情報シートの運用にご協力をお願いします。将来は、小規模施設を含めた花巻市内すべての高齢者福祉施設で運用していきたいと考えています。なお、この救急情報シートについての事業は強制参加ではありません。運用対象施設が本事業の趣旨をご理解していただいたうえで、任意に参加、運用するものです。 運用について詳しくは添付ファイルの資料1~3をご確認ください。

注意事項

救急情報シートは入所者1名につき1枚必要です。入所者本人及びご家族の同意のうえ施設の責任で救急情報シートの内容記載及び保管をお願いします。

また、救急情報シートは救急業務以外には使用せず、救急隊は施設関係者の立会いのもとにシートを閲覧します。

「救急情報シート」は「救急ガイドブック」にも記載していますが、救急情報シートのみのダウンロードはこちらからお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

警防課

電話
0198-22-6124(ダイヤルイン)
FAX
0198-22-5549

025-0098 岩手県花巻市材木町12番6号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る