ナビゲーションをスキップする

炭酸ナトリウム過酸化水素付加物が消防法の「第1類の危険物」に追加

「危険物の規制に関する政令」及び「危険物の規制に関する規則」の一部が改正され、これまで非危険物として消防法令等の規制対象外であった「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物が、消防法上の第1類の危険物に追加されました。
炭酸ナトリウム過酸化水素付加物は、平成24年7月1日の施行日以降、消防法又は花巻市火災予防条例の規制を受けることになります。

炭酸ナトリウム過酸化水素付加物の危険性について

この物質そのものは不燃性の物質ですが、他の物質を強く酸化させる性質を持ち、熱、衝撃、摩擦等によって分解して酸素を多く放出するため、周囲の可燃物に対して極めて激しい燃焼を起こさせる危険性があり、可燃物、有機物その他酸化されやすい物質との混合物は、加熱、衝撃、摩擦等によって爆発する危険性があります。

炭酸ナトリウム過酸化水素付加物とは

一般的には「過炭酸ナトリウム」、「過炭酸ソーダ」と呼ばれ、漂白剤、除菌剤、消臭剤、パイプクリーナー、洗濯槽クリーナー等の一部が該当します。
「酸素系の漂白剤」として、クリーニング工場での使用やホームセンター・薬局などで取り扱っている場合があります。
第1類の危険物は固体であり、その形状が粉末状、顆粒状、フレーク状などにより性質が異なる可能性があります。また、添加されている物質によっても性質が異なり、危険物に該当しない場合もあります。

貯蔵方法や取扱上の注意点

製品自体は燃焼しませんが、火災等の熱により加熱されると分解して酸素を発生し火災を拡大させる恐れがありますので、付近に可燃物等をおかないように心掛け、加熱、摩擦、衝撃等による分解を起こさせないように注意して取り扱うことが必要になります。

危険物に該当しているか確認するには

危険物を収容する容器には、消防法令によって、危険物等級、科学名及び危険物の数量並びに危険物の性質に応じた注意事項を表示することが義務付けられていますので、この表示で確認することができます。ただし、容器に危険物である旨の表示については、経過措置として平成25年12月31日までの間は表示しなくてもよいこととなっていますので、この間、この表示がないものについては製造元等に確認してください。

規制の概要について

炭酸ナトリウム過酸化水素付加物が第1類の危険物に追加されたことにより、貯蔵又は取り扱う数量によって消防法若しくは花巻市火災予防条例に定める基準に従わなければなりません。性質ごとによる指定数量は次のとおりです。

性質ごとによる指定数量
性 質 指定数量 規制概要
第1種酸化性固体 50キログラム 50キログラム以上を貯蔵又は取り扱う場合は、消防法に基づく花巻市長の許可が必要です。
10キログラム以上50キログラム未満を貯蔵又は取り扱う場合は、花巻市火災予防条例に基づく届出が必要です。
第2種酸化性固体 300キログラム 300キログラム以上を貯蔵又は取り扱う場合は、消防法に基づく花巻市長の許可が必要です。
60キログラム以上300キログラム未満を貯蔵又は取り扱う場合は、花巻市火災予防条例に基づく届出が必要です。
第3種酸化性固体 1,000キログラム 1,000キログラム以上を貯蔵又は取り扱う場合は、消防法に基づく花巻市長の許可が必要です。
200キログラム以上1,000キログラム未満を貯蔵又は取り扱う場合は、花巻市火災予防条例に基づく届出が必要です。

この記事についてのお問い合わせ

予防課

電話
0198-22-6123(直通)
FAX
0198-22-5549

025-0098 岩手県花巻市材木町12番6号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る