ナビゲーションをスキップする

119番のかけかた

花巻市内から119番通報しますと、市内材木町にある花巻市消防本部の
通信指令センター」につながります。
「火災が発生した」とき、「急病人・けが人が発生した」とき、すぐに119番通報
しなければなりませんが、いざ」というとき私たちは興奮してしまいますので、
正しい119番通報のかけ方について知っておきましょう。
119番をダイヤルしますと、「はい、119番です。火事ですか、救急車ですか」と
たずねます。
火災なのか救急車なのか告げてください。

119番通報をしている図

正しい119番通報のかけ方

119番についての「疑問?」

通報者への口頭指導について

位置情報通知システム(統合型)について

(119番通報で伝えること)

火災の場合

  1. 火災が発生したこと
  2. 発生場所(住所・世帯主名)目印になるような目標物も伝えます。
  3. その他通信指令課の職員がたずねることに落ち着いてお答えください。

救急の場合

  1. 急病人またはけが人が発生したこと
  2. 発生した場所(住所・世帯主名)
  3. 病人やけが人のようす
  4. その他、通信指令センターの職員がたずねることに落ち着いてお答えください。

通信指令センターからのお願い

119番にかけるその前に

119番緊急通報用番号です。緊急回線である119番通報の中には、問い合わせ 、間違い、いたずら 、緊急性のない救急車の要請が多く含まれています。
通信指令センターは通常3人という限られた人員で業務しており、また設備上、一度に対応できる
119番通報にも限りがあります。
緊急性のない119番通報のために、本当に必要な通報が妨げられることのないよう、ご協力お願いします。
ですが、特に火事や交通事故を目撃した場合、「誰かが通報しただろうからいいや。」と
思わずに、周りの人に通報の有無をかならず確認してください。わからないときには迷わず
119番通報してください!

問い合わせ

(火災のお問合せ)

(救急や病院の問合せ)

  • 休日当番医、歯科、薬局、整骨院等の問合せ先
  • 救急車の搬送先問合せや、救急車を使用したほうがいいのか分からない時
    消防本部通信指令課(電話番号:0198-24-2141)までお問合せください。
    なお、搬送先の照会についてはプライバシー保護等によりご回答できない場合がありますので御了承ください。

(野生動物やペットの救助)

原則行っておりません。詳しくは花巻保健所、または市役所にお問合せくだい。 

間違い、いたずら

もし間違えたり、小さなお子さんが電話をおもちゃにして119番につながってしまっても、あわてて電話を切らないでください。
「間違えました。」とひとこと伝えていただければ結構です。
何も応答がないと、電話口で通報者が倒れている場合など、さまざまな状況が考えられるので、呼び返し等で確認しなければ電話を切ることができません。
大切な緊急回線がふさがって、本当の緊急通報がつながらないという事のないように、間違い電話やいたずらを絶対にしないように気をつけて下さい。 
家庭の電話や携帯電話で、短縮ダイヤルに119番が設定してある場合には選ぶときによく注意して、また電話をなるべく小さなお子さんの手に届かない場所に置くよう日ごろから気に掛ける、など、ご協力よろしくお願いいたします。

緊急性のない救急車は呼ばないでください!

最近、救急車をタクシー代わりに利用する常習者が全国的に問題になっています。 
消防署の救急車や隊員の数にも限りがあり、本当に一刻を争う緊急の出動ができなくなっているのです。タクシーや自家用車で行くことができない場合、また自分でどうしたらよいか判断できない場合のみ、救急車を要請するようにして下さい。 また、歯の痛みについては、緊急性がないことから消防署は対応していません。 

救急車のサイレンについて

最近、「サイレンを鳴らさずに来てほしい」というような通報があります。 
消防車や救急車は、安全かつ迅速に災害現場に到着するための緊急車両の条件として、赤色灯を点け、サイレンを鳴らして走行するように道路交通法で義務付けられています。
市民の皆様に安全に安心して利用していただくために、ご理解をお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

警防課

電話
0198-22-6124(ダイヤルイン)
FAX
0198-22-5549

025-0098 岩手県花巻市材木町12番6号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る