ナビゲーションをスキップする

台風や集中豪雨は、低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害などを引き起こし、私たちの暮らしに大きな被害をもたらすことがあります。
ただ、気象情報をこまめにチェックしたり、事前の備えによって、被害を未然に防いだり、軽減したりすることが可能です。

自分で行う災害への備え

気象情報や避難場所の確認

  • テレビやラジオから伝えられる気象情報をこまめに確認する。
  • 避難場所を確認しておく。 
  • 浸水や土砂災害などのおそれがある場所はないか、防災マップ等で確認しておく。

家の外の備え

  • 風で飛ばされる可能性のあるものは飛ばないように固定したり、家の中に入れる。
  • 窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強する。
  • 側溝や排水路は掃除して水はけを良くしておく。

家の中の備え

  • 水や食料、懐中電灯、携帯ラジオ、レインコートといった非常持ち出し品を点検し準備しておく。
  • 食料や水の備蓄しておく。

避難に関する情報が出た場合

  • 市から、避難勧告や避難指示などの避難に関する情報は発表されたときは、速やかに避難場所へ避難してください。(異変や身の危険を感じた場合は、避難に関する情報を待たずに自主的に避難してください。)
  • 避難に関する情報は、エフエム花巻や携帯電話への緊急速報メール、市広報車等でお知らせしていきます。
  • 外出するのが危険な場合は、2階やがけ地などから離れた部屋に避難しましょう。

参考リンク

この記事についてのお問い合わせ

防災危機管理課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る