ナビゲーションをスキップする

ふるさと納税制度は、平成20年の地方税法の改正により、ふるさとに対し貢献または応援をしたいという方々の思いを実現する観点から、地方公共団体に対する寄附金制度を見直し、寄付金の一部を所得税と合わせて控除しようとするものです。
また、寄付先は、出身地に限らず、全都道府県・市町村から自由に選ぶことができ、「故郷への恩返し」という面と、「好きな地域を応援する」という側面も持っています。

税控除の内容

個人住民税の控除
寄附金控除の対象
となる地方公共団体
都道府県または市区町村
控除方式 税額控除方式
控除率

地方公共団体に対する寄附金のうち適用下限額(2千円)を超える部分について、
一定の限度まで合わせて全額控除
[税額控除額の計算方法]
(次の(1)と(2)の合計額を税額控除
(1)(地方公共団体に対する寄附金-2千円)×10パーセント

(2)(地方公共団体に対する寄附金-2千円)×(90パーセント-0~40パーセント(寄附者に適用される所得税の限界税率)×1.021

注)ただし(2)の額については、個人住民税所得割の2割を限度とします。
控除対象額は、寄附者の家族構成や給与収入額等で1人ひとり異なります。

控除対象限度額

総所得金額等の30パーセント

(地方公共団体に対する寄附金以外の寄附金との合計額)

適用下限額 2千円

所得税では、寄附した額から2千円を引いた額が所得から控除されます。
所得税は寄付を行った年分の所得税から控除され、住民税は寄付を行った年の翌年度分の住民税から控除されます。

寄附金控除額の目安につきましては、以下のファイル(総務省資料)をご参照ください。

(例)花巻太郎さんの場合(夫婦と子ども2人)
年収 700万円
所得税の税率 10パーセント
住民税(所得割) 293,500円

所得税の税率は、所得が多くなるほど高くなります。(この場合は10パーセント)
上のケースで30,000円寄附し確定申告すると、下表のとおり所得税と個人住民税が合わせて28,000円軽減されます。
(確定申告の際に、寄附金の受領を証明する書類の提示が必要となります。)

所得税・個人住民税軽減額
A 寄附額 30,000円
B 税の軽減額(ア+イ) 28,000円
(内訳) ア 所得税の軽減額 2,859円
イ 個人住民税の軽減額 25,141円
(内訳) (1)基本控除額(注1) 2,800円
(2)特別控除額(注2) 22,341円
C 控除対象外(A-B) 2,000円

注1(地方公共団体に対する寄附金-2,000円)×10パーセント
注2(地方公共団体に対する寄附金-2,000円)×[90パーセント-(所得税の限界税率0~40パーセント)×1.021]

寄附金控除の手続き

(1)所得税の寄附金控除及び住民税の寄附金税額控除の適用を受けようとする場合は、所得税の確定申告が必要です。
花巻市が発行する寄附金受領証明書を確定申告書に添付し、所轄の税務署へ申告してください。
(注意!)「寄附金受領証明書」は、申告時まで大切に保管してください。

(2)所得税の確定申告をせずに住民税の寄附金税額控除の適用のみを受けようとする場合は、「道府県民税・市町村税 寄附金税額控除申告書」に必要事項を記載の上、寄付金を支払った年の翌年の1月1日現在お住まいの市区町村へ申告してください。

寄附金税額控除申告書(エクセル形式:32KB)

(3)ふるさと納税以外に確定申告を行う必要がない場合、寄附金控除にかかる申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)を、寄附を行った自治体へ提出することにより、確定申告を行うことなく、寄附金税額控除を受けることが可能です。要件や手続きにつきましては、下の関連リンク「ワンストップ特例制度」からご確認ください。

関連リンク

ワンストップ特例制度
寄附申込・入金の方法花巻市ふるさと納税(イーハトーブ花巻応援寄附金)トップページ 

この記事についてのお問い合わせ

定住推進課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る