ナビゲーションをスキップする

市内において、警察官及び金融機関を騙った、特殊詐欺の被害が発生しました。

特殊詐欺被害の発生について

花巻警察署から、5月27日に、花巻市内で特殊詐欺(オレオレ詐欺)による被害が発生したとして情報提供がありました。特殊詐欺の手口は、次のとおりです。

市内在住の80代女性宅に、県警生活課を名乗る男から、「詐欺の犯人を捕まえているが、犯人があなたの住所と名前を知っているようなので、銀行口座とパスワード(暗証番号)をすぐに変える必要があります。手続きは金融機関の人がしますので、間もなく電話があります。」などと言われた直後、金融機関を名乗る男から連絡があり、キャッシュカードのパスワードを変更するように言われ、承諾したところ、「古いカードは使えなくなる。新しいカードは5日から1週間で届きます。」と言われた。電話が切れた後、再度県警生活課を名乗る男から電話があり、「古いカードはいらなくなるので回収に行きます。近くを回っている別の者が行きます。」などと言われ、その後自宅を訪れた警察官を名乗る男にキャッシュカードを渡したところ、口座から50万円が引き出されたもの。

4月から5月にかけて、警察官や銀行員、市役所職員を騙る特殊詐欺の予兆電話が発生しておりましたが、今回残念ながら実被害の発生に至っております。警察官や銀行員、市役所職員がこのような電話を掛けたり、通帳やキャッシュカードを預かることは絶対にありません。このような電話が掛かってきた場合は「詐欺」ですので、安易に個人情報を教えたり、相手の要求に決して応じることなく、花巻警察署や最寄りの交番駐在所に連絡をお願いします。

不審な内容の電話が急増しています。ご近所にお一人でお住まいの高齢者の方がいましたら、ぜひこの情報を伝えて注意喚起をお願いします。

不審に感じたら?

すぐに、最寄りの警察署(花巻警察署・電話:0198-23-0110)や花巻市役所市民生活総合相談センター(電話:0198-24-2111)などに相談しましょう。

この記事についてのお問い合わせ

市民生活総合相談センター

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-41-1299

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る