ナビゲーションをスキップする

市内において、花巻市役所職員を騙った、『還付金詐欺』の被害が発生しました。今後ともご注意ください。

還付金詐欺被害の発生について

花巻警察署から、6月10日に、花巻市内で還付金詐欺による被害が発生したとして情報提供がありました。還付金詐欺の手口は、次のとおりです。

6月10日午後12時03分ころ、市内在住の60代女性宅へ、花巻市役所を名乗る男性(以下A男)から電話があり、「昨年1年間の医療費が過払いとなっていて、返金手続きの期限が今日までとなっています。以前に過払い金の書類を送っていますが、返答がないので電話しました。」と言われ、いったん電話が切れた。
その後すぐにA男から電話が掛かってきて、「過払い金は1万円くらいあります。今後の連絡は○○○○(電話番号)に電話を掛けてください。」と言われたため、教えられた○○○○(電話番号)に電話を掛けたところ、A男が応答し、「あなたはどちらの金融機関を使っていますか?通帳とキャッシュカードを持っていますか?」と聞かれたため、金融機関名を答えたところ、「近くにその金融機関のATMは無いですね。一番近いのは△△スーパーのATMなので、そちらで手続きしてください。ATMに着いたらまた連絡してください。」と言われた。
女性が指示されたATMへ行き、携帯電話からA男に連絡したところ、「操作が分からないと思いますので、電話はつないだままにして私の言うとおりに従って操作してください。」と言われ、A男の指示どおり操作した。手続き終了後、A男から「月曜日に振り込みになるはずなので、月曜日に確認してください。」と言われたが、家族に相談し、振り込め詐欺の被害にあったかもしれないと思い、翌日警察署に相談に訪れ、被害に気付いたもの。なお、女性はA男から、手続きに必要な番号として「997570」の番号を教えられ、手続きの際にATMで入力しており、99万7,570円の被害に遭っている。

4月から現在にかけて、市役所職員や警察官などの公的機関職員や、銀行員などを騙る、還付金詐欺をはじめとした特殊詐欺の予兆電話が多発しております。
市役所職員などが還付金についてこのような電話を掛けたり、預金通帳やキャッシュカードを預かることは絶対にありません。また、還付金の支払いに関してATMに行くように指示することは絶対にありません。
このような電話が掛かってきた場合は「詐欺」ですので、安易に個人情報を教えたり、相手の要求に決して応じることなく、花巻警察署や最寄りの交番駐在所に連絡をお願いします。

不審な内容の電話が急増しています。ご近所にお一人でお住まいの高齢者の方がいましたら、ぜひこの情報を伝えて注意喚起をお願いします。

不審に感じたら?

すぐに、最寄りの警察署(花巻警察署・電話:0198-23-0110)や花巻市役所市民生活総合相談センター(電話:0198-24-2111)などに相談しましょう。

この記事についてのお問い合わせ

市民生活総合相談センター

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-41-1299

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る