ナビゲーションをスキップする

『特殊詐欺』の手口による被害が発生しております!ご注意ください!

特殊詐欺被害の発生について

今月5日(月曜日)、花巻市内において、警察官をかたった特殊詐欺の手口により、200万円をだまし取られる被害が発生しております。
内容については、警察官をかたった男性から電話があり、金融機関の口座の有無などを聞かれたうえで、預金の引き出しを指示され、預金を引き出したあとに、偽札が混ざっている恐れがあるとの理由で、自宅に来た警察官をかたる男性に、引き出した預金200万円を手渡したというものです。

警察官が電話で預金口座の情報を聞き出したり、現金を預かったりすることは絶対にありません。
警察官をかたる特殊詐欺の手口によく使われるのは、「警察で振り込め詐欺グループを逮捕した」「犯人があなたの口座情報を持っていた」「口座番号を確認させてほしい」として、個人情報を聞き出し、「銀行員に犯人の仲間がいる」「このままでは危ないので、金融機関に行って預金を引き出してくるように」としてお金を引き出させ、「犯罪の証拠物として預かる」などと自宅に受け取りにくるという内容です。また、預金を引き出す際には、金融機関窓口で銀行員に怪しまれないように、「住宅のリフォーム費用」「子供(孫)の結婚式費用」「親族の葬儀費用」などの名目で預金を引き出すようにと指示するケースがあります。県内においては、直接現金ではなく、キャッシュカードをだまし取って不正に預金を引き出すケースも確認されています。

還付金詐欺電話も多発しています!

本日、市役所職員をかたる還付金詐欺の電話も多発しています。いずれも「還付金があり、青い封筒を送っているが、まだ手続きが取られていない。今日が期限」「市役所では手続きができない。これから銀行から電話がいくから」などとして、銀行員をかたる者より、「携帯電話とキャッシュカードを持って、ATMに行くように」と指示する内容となります。

今後も同様の電話がかかってくる可能性がありますので、くれぐれもご注意ください!

詐欺の被害に遭わないために

次に掲げることを言ってきた場合は詐欺です!ご注意ください!

「詐欺で捕まえた犯人が貴方の情報を持っていた」などという、不安をあおる電話は、絶対に詐欺です!
「貴方の口座が悪用されないように警察で処理するので、銀行口座の番号と暗証番号を教えてほしい」などという電話は、絶対に詐欺です!
「犯罪捜査の資料として、通帳とキャッシュカードを警察で預かる」「通帳を新しくする必要があるので、銀行員に通帳とキャッシュカードを預けてほしい」などという電話は、絶対に詐欺です!
「銀行の中に詐欺の一員がいてこのままでは危険。すぐに解約するように」などという電話は、絶対に詐欺です!

PDF詐欺被害に遭わないために(PDF形式:87KB)

詐欺の電話が後を絶ちません!

現在、花巻市を含め、県内各市町村において、市役所や警察官など公的機関や、銀行員などをかたる『還付金詐欺』をはじめとした特殊詐欺の電話が多発しております。
市役所職員などがこのような電話をかけたり、警察官が詐欺の調査のためなどとして預金通帳やキャッシュカードを預かるということは、絶対にありません!
このような電話がかかってきた場合は「詐欺」です!
安易に銀行口座や暗証番号などの個人情報を教えたり、相手の要求に決して応じることなく、花巻警察署や最寄りの交番駐在所に連絡をお願いします。

不審な内容の電話が急増しています。ご近所にお一人でお住まいの高齢者の方がいましたら、ぜひこの情報を伝えて注意喚起をお願いします。

不安や不審に感じたら?

すぐに、家族、若しくは最寄りの警察署(花巻警察署・電話:0198-23-0110)や花巻市役所市民生活総合相談センター(電話:0198-24-2111)などに相談しましょう。

この記事についてのお問い合わせ

市民生活総合相談センター

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-41-1299

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る