ナビゲーションをスキップする

生活保護を受けようとする方は、市福祉事務所(地域福祉課保護係)まで、直接相談においで下さい。 

生活保護とは

「年をとって働けなくなったらどうしよう?」「病気になったら、どうしたらいいの?」と、私たちの生活には、不安がたくさんあります。
生活保護とは、どうしても自分の力で解決しようとしてもできなかった生活に困っている方に、国が、その程度に応じて、生活費(生活保護費)を支給するとともに、自分たちの力で生活できるよう手助けするものです。これからかかる費用は、すべて税金でまかなわれています。

どのような場合に生活保護を受けられるのか

生活保護は、次のようにあらゆる手をつくしても、自分の力で生活することができないときに、誰でも受けることができます。

  • 働ける人は、年齢や心身の状態に応じて働くこと。
  • 生活に必要のないものは、処分して生活費にあてること。
    (たとえば、自動車、使っていない土地、貴金属など)
  • 貯金や生命保険があるときには、まずこれを生活費にあてること。
  • 親、子、兄弟姉妹などから、できる範囲で援助してもらうこと。
  • 他の法律による給付が受けることができるときは、受けること。
    (たとえば、各種年金、雇用保険や傷病手当、児童扶養手当など)

厚生労働大臣が定める生活保護基準に基づいて、年齢・家族構成・健康状態などその世帯に必要に応じて計算された「最低生活費」と、その世帯のすべての「収入」とを比べて、収入の方が少ない場合に受け取ることができます。

  • 保護は、原則として、世帯を単位として行われます。
  • 扶養義務者の扶養を受けられるときは、その援助を受けることが必要です。
  • 貯金があるときには、まずそれを生活費にあてていただきます。
  • 年金は、生活費にあてていただきます。

保護の申請の手続き

保護を受けるためには、申請をしていただかなければなりません。
生活にお困りの方、またはその親族の方は、個人の秘密は、固く守りますので、お気軽にご相談下さい。

保護費の支給

国が決めた最低生活費と世帯の収入を比べて、収入が最低生活費より少ないときに、その足りない分を保護費として支給します。
最低生活費は、世帯の人数や世帯員の年齢などによって決められています。
収入は、給与、仕送り(米、野菜などをもらったものも含みます。)、年金などの世帯のすべての収入です。
なお、職場に通うための交通費など必要な経費は、収入から差し引きます。

保護の種類

保護は、次の8つの種類があり、種類ごとに基準額が決められていて、世帯の状況により、必要な種類の保護が受けられます。

生活扶助

食費、電気、ガス、水道などの日常生活に必要な費用

教育扶助

学用品、教材代、給食費など義務教育を受けるのに必要な費用

住宅扶助

家賃、地代、自宅の簡単な補修費用

医療扶助

病気やけがなどで病院にかかる費用

介護扶助

介護保険のサービスを受けるのに必要な費用

出産扶助

出産に必要な費用

生業扶助

技術を習ったり、就職に必要な費用

葬祭扶助

葬式に必要な費用

お問い合わせ先

健康福祉部地域福祉課保護係
電話番号:0198-24-2111(内線510)

この記事についてのお問い合わせ

地域福祉課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-41-2761

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る