ナビゲーションをスキップする

市の花・鳥・木

花・鳥・木は市のシンボルになるもので、合併を機に花巻市市民憲章等検討委員会で検討・決定し、平成19年3月1日に制定しました。
制定にあたっては、市内外から公募を行い、「花」には1,068通、「鳥」には1,066通、「木」には1,060通の応募をいただき、最も多かったものを基本に選考しました。
いずれも市内に自生・生息し、わたしたち市民が親しみを持てるもので、市の発展の象徴にふさわしいものです。

市の花・鳥・木
市の花
「ハヤチネウスユキソウ」
市の鳥
「フクロウ」
市の木
「コブシ」
ハヤチネウスユキソウの写真 フクロウの写真 コブシの写真

黄色い花をつけるキク科の高山植物で、早池峰山の固有種です。厳しい環境に耐え美しく咲く姿は、自然と文化を大切に人々の交流を続ける花巻市を象徴しています。

白く見える部分は、花ではなくガクです

市内各地に生息し、柔らかい羽毛に覆われたフクロウ科の鳥です。フクロウは、知恵のある鳥、福を招く鳥として広く市民に親しまれており、安心、安全なまちを目指す花巻市にふさわしい鳥です。 他の木々に先駆けて花を咲かせ、拳に似た実をつけるモクレン科の樹木で、市内各地で見られます。大木に生長し、全体に白い花をつける様子は、花巻市の活力と躍進を連想させます。

この記事についてのお問い合わせ

公園緑地課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る