ナビゲーションをスキップする

調査の概要

就業構造基本調査は、国が実施する統計調査のうち、統計法により特に重要なものとされる「基幹統計調査」として5年ごとに実施する調査です。

ふだん仕事をしているかどうか、就業に関する希望や就業異動、育児・介護の有無などについて調査します。

調査の期日

平成29年10月1日

調査の対象

全国から無作為に選ばれた約52万世帯の15歳以上の世帯員約108万人(うち花巻市は約700世帯の15歳以上の世帯員約1,500人)

調査の方法

調査地域の中から無作為に選ばれた世帯に、調査員証を携行した調査員が調査票を配布し、後日回収します。

なお、パソコンやスマートフォンを使って、インターネットで回答することもできます。

調査の日程

平成29年8月下旬から9月中旬まで

  • 調査員が調査地域の全世帯を訪問し、調査の概要をお知らせします。その際、居住者の把握のため、名前と住所を確認します。
  • 調査地域の中から、各市町村が総務省が定めた方法により、無作為で調査世帯を選定します。

平成29年9月下旬

  • 調査世帯に、調査員が訪問をし、調査票を配布して回答を依頼します。

平成29年10月上旬

  • 調査への回答をお願いします。回答はインターネットまたは紙の調査票により行うことができます。
  • 後日調査員が調査世帯を訪問し、紙の調査票の回収などをします。

調査結果の利用

「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)など国の基本的な方針決定の基礎資料としての活用をはじめ、地方公共団体における雇用対策などの各種施策に活用されています。

  • 雇用に関する各種施策の企画・立案
  • 職業能力の開発、人材の育成
  • 育児、介護・看護と就業の両立支援

調査結果の公表

調査の結果は、平成30年7月までにインターネットを利用する方法等により公表する予定です。

個人情報は厳重に保護されます

  • 就業構造基本調査により集められた調査票の記入内容は、統計法によって厳重に保護されています。
  • インターネット上のデータの送受信は、盗み見等を防ぎ、安全な通信を行うために、SSL/TLSによる暗号化通信を行っています。
  • 調査に従事する者(調査員、地方公共団体の職員など)には、統計法により厳格な守秘義務が課されており、守秘義務違反があった場合の罰則も定められています。

「かたり調査」にご注意ください

  • 就業構造基本調査をよそおった不審な訪問者や、電話・電子メールなどにご注意ください。
  • 調査員は、必ず顔写真入りの「調査員証」(岩手県知事発行)を携行しております。

関連リンク

岩手県ー平成29年就業構造基本調査を実施します(新しいウィンドウで開きます)

この記事についてのお問い合わせ

総務課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る