ナビゲーションをスキップする

広報はなまき 平成29年2月15日号掲載分

幸運袋の争奪戦白熱

約830年の歴史を持つ光勝寺(石鳥谷町五大堂)の伝統行事「五大尊蘇民祭」が2月3日、同寺で開かれました。
護摩法要に続き行われた蘇民袋の争奪戦には、上半身裸に下帯を巻いた男衆約20人が参加。「ジャッソー」と掛け声を上げながらもみ合いを繰り広げ、白熱した肉弾戦を展開しました。
約1時間の奪い合いの末、第一取り主となった小原広任さん(石鳥谷町八重畑)は「家族が1年健康に過ごせれば」と喜びを話していました。
蘇民袋を取り合う男衆
蘇民袋をつかもうと、白熱した肉弾戦を繰り広げる男衆

文化財愛護の意識を高める

1月29日、薬師神社(東和町土沢)で「東和地域防火訓練」が行われました。
同訓練は、文化財愛護と防火意識の高揚を図ることを目的として、文化財防火デー(1月26日)の前後に毎年実施。消防団や婦人消防協力隊、地元住民など76人が参加し、物品搬出や中継送水訓練のほか、消火器初期消火訓練などが行われました。
同神社別当の熊谷敬一さんは「神社役員と地域住民が力を合わせて火の用心をしていきたい」と防火意識を新たにしていました。
消火訓練をする消防団員
神社付近で放水訓練を行う消防団員

好プレーに活気あふれる

2月5日、石鳥谷町体育協会主催の「長ぐつアイスホッケー大会」が石鳥谷アイスアリーナで開催されました。
ことしで19回目を迎えた同大会には、地元チームのほか初参加の大迫町チームなど6チームが出場。選手は滑ったり転んだりと長靴でのゲームに苦戦しながらも熱戦を繰り広げ、好プレーで会場を沸かせました。
高橋淑郎大会長は「参加資格などを見直して門戸を広げ、多くの人に参加してもらえる大会にしていきたい」と話していました。
ゲームを楽しむ選手たち
懸命にパックを追う選手の皆さん

この記事についてのお問い合わせ

秘書政策課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る