ナビゲーションをスキップする

36年間にわたり里親をするなどの活動をされ、さらに昭和43年の障がい児施設設立以来、成人施設・福祉ホーム・グループホーム・就労支援事業所・地域支援センター・美術館などを設立し、障がい者のためにいろいろな事業を展開されてきた方の葬儀に参列させていただきました。市民の一人として心からの敬意と感謝を表させていただきました。

その後の御斎で、故人が住職を勤められたお寺を菩提寺とするご縁で、50年以上前に豊沢ダムの湖底に沈んだ豊沢地区出身者の方々による豊沢念仏剣舞が舞われました。故郷を離れて50年以上の歳月が経つにもかかわらず、若い方々も含めてこのような郷土芸能を伝承しているということにも故郷に対する深い思いが伝わってきます。お盆の時期に舞われた慰霊の踊りとのことですのでその場にまことにふさわしい踊りでした。華やかで、かつての豊沢地区の豊かな暮らしが偲ばれました。花巻は豊沢ダムの水により豊かな田園を保ち、また、おいしい水をいただいています。この豊かさのために、豊沢地区の方々が故郷を離れなくてはならなかったことを忘れてはならないと思いました。

豊沢念仏剣舞

この記事についてのお問い合わせ

秘書政策課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る