ナビゲーションをスキップする

第5回東アジアU-22ハンドボール選手権は昨日7月2日花巻市総合体育館で大成功のうちに終了しました。この大会は東アジアハンドボール連盟が主催し、日本では初めての開催となりました。

最終日は男女の日韓戦が開催され、女子は日本が20-24で惜敗し韓国が優勝。男子は日本が前回大会まで4連覇していた強豪韓国を30-22と圧倒し大会初優勝を果たしました。

日本ハンドボール協会の方々も日本ハンドボール界にとって歴史的勝利を花巻で挙げることができたと大変喜んでおられ、また今大会招致にご尽力いただき今大会をもって退任される役員の方は最後に素晴らしい勝利を見ることができたと涙ぐんでおられました。

今大会運営にご尽力いただいた東アジアハンドボール連盟、日本ハンドボール協会、岩手県及び花巻市ハンドボール協会、市内大学生、高校生などのボランティアの方々そして大会運営を手伝った32人の市職員にお礼を申し上げます。また、選手、監督が口々におっしゃっておられた通り、今大会の盛り上がりそして日本チームの善戦、勝利は応援に駆け付けた観客の皆さんの応援のたまものです。心から感謝いたします。

フェアウェルパーティーの様子

(7月2日東アジアU-22ハンドボール選手権 フェアウェルパーティー)

男子日本チーム

(大会初優勝を果たした男子日本チームの選手と日本ハンドボール協会副会長、市長)

この記事についてのお問い合わせ

秘書政策課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る