ナビゲーションをスキップする

中華航空謝社長ご夫妻をはじめとする中華航空幹部、台湾旅行代理店幹部が非公式に岩手を訪問され、県主催の非公式歓迎会が安比高原で開催されました。 

謝社長は昨年社長に就任されてから初めての来県、達増知事を団長とする本県ミッションが本年5月30日に台北の中華航空本社の謝社長を訪問して以来4ヵ月振りに友好を温めることとなりました。 

謝社長からは、中華航空は勿論、同社子会社で今秋花巻空港にチャーター便31便を運航しており今冬にも82便を運航させる予定のタイガーエア台湾そして同じく同社の子会社マンダリン航空の花巻空港への就航、更には将来の定期便化について力強い言葉がありました。

本年5月30日にお会いした時には県から南部鉄瓶、当市からは花巻市特産の瀬山焼の茶碗をお贈りしましたが、今回は岩手県からは二戸の漆を塗ったワイングラス、当市からはエーデルワインを贈答しました。 

岩手県から贈ったワイングラスを使って、花巻市自慢のエーデルワインをお飲みくださいと言ったところ、南部鉄器で淹れた台湾茶を瀬山焼の茶碗に入れてごちそうするから、また台湾に来てくれとの言葉をいただきました。 

9月5日には、タイガーエア台湾の張会長と台湾からのチャーター便にご尽力いただいているイージートラベル旅行社の游社長ご夫妻一行が来県され、県主催の歓迎レセプションが花巻市内で開催されております。

游社長ご夫妻にはその後、再び花巻にお越しいただき、花巻まつりをご覧いただいたほか、宮沢賢治記念館、花巻新渡戸記念館を見学いただき、大変喜んでいただきました。 

本年度の台湾チャーター便は、合計142便が内定しており、過去最高の便数となる見込みです。 

花巻空港の利用促進とインバウンドの誘致に熱心に取り組んでくださっている岩手県及び市内温泉関係者と共に、台湾を含む海外から花巻空港への航空便誘致と観光客の誘致に引き続き頑張ります。

中華航空謝社長と上田市長
(中華航空謝社長(右)と上田市長)

歓迎会の様子
(歓迎会の様子)

この記事についてのお問い合わせ

秘書政策課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る