ナビゲーションをスキップする

東和地域田園空間博物館構想について

東和地域田園空間博物館は、『豊かな田園空間を創造する「理想郷とうわ」』をテーマとし、東和地域に古くから伝わる歴史的資源、民俗文化、農村文化及び豊かな自然風土をふれあいの場として活用するとともに、伝統的文化や施設の復元と伝承を推進し、地域住民による農村の環境保全への自主的取り組みと都市と農村との活発な交流を図り、もって地域の活性化と地域経済づくりの醸成、そして「理想郷」の構築を目指す構想です。

東和地域田園空間博物館イメージ

東和地域の伝統文化や歴史

東和地域は花巻市の南東部、岩手県の中部に位置し、猿ヶ石川などの各河川沿いを中心に、古くから開墾された田園風景と豊穣な風土を思わせる民家や集落が残り、日本一のケヤキの一本彫り毘沙門天立像、成島熊野神社、丹内山神社など平泉に次ぐ文化財を有するとともに、古来より厳しい風土のなかで培われた深い信仰心に支えられた神楽、鹿踊り、人形歌舞伎など民俗芸能が域内の各地で伝承されてきており、伝統文化や歴史に対して意識の高い地域でもあります。

東和地域田園空間博物館とは

地域の産業、生活、民俗、歴史、伝統、そして文化など、これまで培われた東和地域のすべてを博物館の展示に見立て、エリア内に中核(コア)施設を設置するとともに、東和地域内6つの小学校学区にブロック分けを行い、施設の整備、展示を構成するものです。
なお、この博物館の整備、活用に関しては地域住民とのワークショップを実施し、地域資源の利活用について協議しています。

基本計画

コア施設

東和図書館

図書や各種資料等のメディアや情報資料を収集、保管し、利用者へ広く提供を行う図書館は、田園空間博物館のデータベースの収集、管理はもちろんのこと、各種施設の紹介や各エリア間の施設の連携など、コーディネーターとしても最適なコア施設と言えます。
ここに暮す一人ひとりの住民が、豊かな自然や優れた伝統文化の価値に気づき、さらに磨きをかけて次世代に繋いでいくことができるよう、そのための住民参画の風土とシステムを築くことの情報提供のお手伝いをしています。

東和図書館外観  

6つのサブコア施設名及び施設テーマ

  • 小山田地区:石鳩岡振興センター 「神が棲む神楽の里」
  • 土沢地区:ふるさと歴史資料館 「土沢囃子踊る里」
  • 成島地区:毘沙門センター 「文化遺産の里」
  • 浮田地区:さき織伝承館 「歴史を紡ぐ里」
  • 谷内地区:旧小原家住宅 「棚田と水車小屋の里」
  • 田瀬地区:田瀬湖交流センター 「地域農業の再生と伝承の里」

サテライト施設

設定の基本的な考え方は、基本コンセプトである『「ここには百の姓(かばね)を持つ、本当の農民がいる。」、「生命の音が聞こえる。星の降る音さえ聞こえる。」、「山村のリリシズム。山村のクオリア」』のテーマに沿った人々の生業、暮らしぶり、信仰、民俗芸能を示すものまたは自然環境、景観を代表するものをサテライトとして設定しています。 

お問い合わせ先

郵便番号:028-0192
花巻市東和総合支所地域振興課産業係
岩手県花巻市東和町土沢8区60番地
電話番号:0198-42-1311
ファクス:0198-42-2460

この記事についてのお問い合わせ

東和総合支所地域振興課

電話
0198-42-2111
FAX
0198-42-3605

028-0192 岩手県花巻市東和町土沢8区60番地

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る