佐藤昌介博士の生涯

 

佐藤昌介博士の生涯

 

●1856年(安政3年)11月 

盛岡藩士佐藤昌蔵の長男として花巻に誕生。幼名謙太郎。

藩学校の揆奮場に入学し、その能力を発揮した。漢学・国学・剣術・砲術・馬術などを学ぶ。特に馬術に優れ大坪流の達人であった。

●1870年(明治3年)

14歳で藩校「作人舘」に入学、寄宿舎生活をした。学問が好きで、常に「今日学ざれば明日なし」という気持ちで取り組んだ。

●1871年(明治4年)1月4日

15歳で郷里の先輩小笠原賢蔵塾に入り初めて英語・数学を学ぶ。さらに大学南校(現東京大学の前身)に進学。実用英語習得のため横浜修文館にも通う。経済事情で3年間花巻に戻る。

●1874年(明治7年)

東京英語学校(後の東京大学の分身)に入学。優秀な成績で修了。

●1877年、札幌農学校(現在の北大の前身)に進学。

私はクラーク博士の教えを受け、農学を修め、北海道の開拓事業の為に尽くしたいと思う。大学2年、校内演説会で「農学及び農学の開発」と題し弁じ第1位となる。このとき後輩の1年新渡戸稲造も第1位となる。

大学卒業後、4年間助手をする。この間、稲田邦植(くにたね)の妹ヤウと結婚。

●1882年(明治15年)自費で渡米し、ジョーンズ・ホプキンス大学に留学。翌年から研究生となる。

●1883年(明治16年)同校の教授アダムス博士より招かれる。

●1886年(明治19年)31歳でドクトル・オブ・フィロソフィーの学位を受ける。同年、農学校教授となる。

●1886年(明治19年)新渡戸稲造と広井勇を助教授に採用。工学科と伝習科を新設、兵学科を増設。

●1890年(明治23年)

帝国議会は同校を廃校に決定。

●1894年(明治27年)

38歳で校長。文部省に陳情し廃校を免れる。

●1899年(明治32年)

日本で初めて新渡戸稲造らとともに農学博士を受ける。

●1907年(明治40年)

総合大学設立にむけ準備。東北帝国大学農科大学に昇格。学長に就任。自らも講義し農政学の第一人者となる。

●1913年(大正2年)日米交換教授として渡米。

●1918年(大正7年)北海道帝国大学発足。初代総長になる。62歳。

●1919年(大正8年)

医学部を増設。

●1924年(大正13年)

工学部を増設。

●1926年(大正15年)旭日大綬章を受ける。

●1927年(昭和2年)72歳。

理学部を設置。総長を辞す。ここまで50年の歳月。北海道大学の父と呼ばれる。札幌市に「巌鷲寮」(がんじゅうりょう)を設立。東京に「北水社」を設立。学生たちの宿舎を供する。

●1930年(昭和5年)

札幌市に住む。

●1932年(昭和7年)

北海道農会会長に推挙される。以来会長を務める。

●1937年(昭和12年)白内障手術。健康回復思わしくならず。

●1939年(昭和14年)5月26日

花巻の義弟菊池!かん氏に誌、また5月30日に在京の共に「我将に世を去らんとする。感慨深し」のことばを送る。亡くなる2日目には北大総長を呼び北大の使命などを話し行く末を託す。

●1939年(昭和14年)6月5日8時35分永眠す。

参考   花巻ゆかりの偉人

佐藤 昌介 1856年11月〜1939年6月5日(昭和14年、花巻市)

新渡戸稲造はひとつ年下の後輩である。

島  善鄰 1889年8月27日〜1964年(昭和39年8月7日、花巻市矢沢村高木、75歳、元北大総長)は昌介の教え子である。

高村光太郎 1883年3月13日〜1956年4月2日、東京都中野、73歳)

宮沢賢治はあまりに有名です。