新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)についてお知らせします

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1014751  更新日 令和3年8月4日

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは

海外渡航用の目的で、新型コロナウイルスワクチンの接種記録等を、公的に証明するものです。
通常、国内では、予防接種を受けた方にお渡しする接種済証または接種記録書が接種事実の証明となりますが、国際的な往来における利用の際、接種済証や接種記録書では、英語の表記、記載事項の不足、偽造防止対策といった課題があるため、接種済証とは別にワクチン接種証明書を接種者からの申請に基づき交付します。

注)当面、用途は国外利用に限定されています

 

対象

接種証明書は、当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。

  1. 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと
  2. 我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること

次の方は対象になりませんのでご注意ください。

  • 海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)
  • 国外等で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)

注)外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問合せください

 

受付開始日

令和3年7月26日(月曜)

申請に必要なもの

(1)申請書

(2)旅券(パスポート)

  • 旅券(パスポート)は、旅券番号、姓・名、国籍、有効期間の記載箇所の写しが必要です。
  • 海外渡航での活用が前提であるため、旅券は有効期間内でなければなりません。

(3)接種券(未使用の「予診のみ」の券等)

(4)接種済証または接種記録書(両方ある場合は両方)

(5)(郵送による申請の場合)切手を貼った返信用封筒及び送付先住所が確認できるもの

(6)(代理申請の場合)代理権を証明する書面(委任状、登記事項証明書 等)及び代理人の本人確認書類

郵便による申請の場合は、(2)(3)(4)はいずれも写し(コピー)を同封してください。

注意事項

  • 旅券(パスポート)は必須です。旧姓・別姓・別名(英字)の併記がある日本の旅券の場合は、それらを確認できる書類も必要です。
  • 接種券を紛失した場合は、マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)もしくは住所の記載された本人確認書類が必要です。
  • 接種済証や接種記録書を紛失した場合、予診票の写し(本人控え)があれば添付してください。いずれもない場合、証明書の発行に数日かかる場合があります。
  • 郵便による申請に対する証明書の送付先は、原則、申請者の現住所(住民票の住所)となります。
  • 代理申請の場合の委任状は、上に掲載の様式でなくても、同様の内容であれば用紙、書式は問いません。
旅券(パスポート)写しの見本
申請に必要な旅券(パスポート)の箇所
接種券と接種済証
申請に必要な接種券と接種済証の見本

申請方法

下記へ郵送、または窓口への申請により受け付けます。

郵送による申請する場合の送付先

花巻市新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策室
〒025-0055 岩手県花巻市南万丁目970番地5

窓口での受付

花巻市新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策室

注)本証明書の発行には多少のお時間をいただきますことをご了承ください

その他

下記のリンクから、海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧を確認することができます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策室
〒025-0055 岩手県花巻市南万丁目970番地5
電話:0198-41-3605 ファクス:0198-41-3606
新型コロナウイルス感染症対策室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。