新型コロナウイルス感染拡大による市関連施設の利用制限ガイドライン(9月22日更新)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1012684  更新日 令和3年9月22日

宮沢賢治記念館などの施設を9月25日、その他の施設を9月27日から開館します(9月22日更新)

本ガイドラインでは、感染拡大状況に応じた市関連施設の利用制限を示しています。

(9月22日更新)
市では、市関連施設の利用制限ガイドラインを9月26日まで「レベル4」で運用するとしておりましたが、岩手緊急事態宣言の解除および県内感染拡大状況に鑑み、次の日程で「レベル3」とすることとしましたのでお知らせします。
ただし、県内および市内の感染拡大状況により、急きょ市関連施設の利用制限ガイドラインの運用レベルを変更する場合があります。

9月25日から「レベル3」とし、開館する施設
博物館、総合文化財センター、歴史民俗資料館、郷土文化保存伝承館、農業伝承館、宮沢賢治記念館、宮沢賢治イー ハトーブ館、花巻新渡戸記念館、高村光太郎記念館、萬鉄五郎記念美術館、早池峰と賢治の展示館、宮沢賢治童話村(ライトアップも25日以降の土日に実施)

9月27日から「レベル3」とし、開館する施設
上記以外の施設

 

(9月10日更新)
9月12日までとしていた市関連施設の利用制限「レベル4」は、9月26日まで期間を延長することとしましたので、お知らせします。
ただし、岩手県の「岩手緊急事態宣言」が解除となった場合は、レベルを変更する場合があります。

(9月8日更新)
市では、市関連施設の利用制限「レベル4」での運用期間を9月12日までとしていましたが、運用期間の延長を検討しています。運用期間の延長の実施及び延長する期間は、「岩手緊急事態宣言」等に関する岩手県の動向、中部保健所管内の感染者数の状況などを見て検討いたします。

(8月24日更新)
県内における感染者の発生状況などを踏まえ、8月31日までとしていた市関連施設の利用制限「レベル4」の運用期間を9月12日まで延長することとしましたのでお知らせします。

(8月13日掲載)
県では、県内における新型コロナウイルス感染症が拡大していることに鑑み、新たな感染を強力に抑え込むため、8月12日に「岩手緊急事態宣言」を発令しました。

市では、同宣言の発令に伴い、8月14日から8月31日まで、市関連施設の利用制限を「レベル4」で運用することとしましたのでお知らせします。

なお、今後の感染状況によっては、期間の延長、ガイドラインの変更や、施設によってはガイドラインと異なる利用制限をすることもありますのでご了承願います。

レベル1

  • 市内・県内の感染者は無い状況が続いた場合
    (レベル1へ移行す目安としては、市内・県内の感染者は0が続き、首都圏等で感染が少ない場合)

レベル2

  • 市内・県内の感染者は減少している場合
    (レベル2へ移行する目安としては、市内の感染者は0が続き、県内の感染者は一ケタ以下が続き、首都圏等で感染が減少している場合)

レベル3

  • 市内で感染拡大の恐れがある場合
  • 県内で感染拡大の恐れがある場合
    (市内において感染が若干あり、県内において感染が減少していない、または二ケタ以上の感染者がある場合)
県内または隣接県において感染が拡大し、市内においても感染が拡大する可能性が高いと判断される場合には、スポーツ施設について、岩手県内規模での開催に限ること、または大会の中止を依頼することもある

 

レベル4

  • 緊急事態宣言が岩手県に発令された場合
  • 県内・市内で感染が拡大している場合
  • 市内で感染者が連続して発生している場合

詳しくは、添付ファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

花巻市役所
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111