新型コロナウイルス感染拡大による市関連施設の利用制限ガイドライン(4月6日更新)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1012684  更新日 令和4年4月6日

令和4年4月8日から市関連施設の利用制限ガイドラインを 「レベル3」での運用とします

市関連施設については、4月6日現在レベル4(一部施設についてはレベル3)で運用をしておりますが、岩手県における新規感染者数は2月下旬をピークに減少してきており、県内の病床使用率も20%台まで減少してきました。

当市において独自に集計している岩手県中部保健所管内及び花巻市内の新規陽性者数の推移も県同様に2月下旬をピークに減少する傾向を示しており、3月下旬において若干の増加傾向を示しておりましたが、ピーク時と比較すると、概ね減少傾向を示しており下げ止まりの状況にあります。

このような状況を踏まえ、市関連施設の利用制限ガイドラインについては、4月8日から「レベル3」の運用に変更します。運用期間については当分の間としますが、岩手県が発出している「岩手緊急事態宣言」の動向や、今後の感染状況によりレベルの変更を検討していきます。

なお、施設によっては開館に時間を要する場合がありますので、詳しくは利用施設にお問い合わせ下さいますようお願いします。

施設利用者にはご不便をおかけいたしますがご理解をいただき、市民の皆様においても一人ひとりがマスク及び咳エチケットの励行や手洗いなど、引き続き基本的な感染対策の徹底をお願いします。

  • 各施設の運用状況については、下記に添付の「市関連施設の利用制限ガイドライン」を参照願います

令和4年4月8日以降の市関連施設の利用制限ガイドラインの運用

レベル2への移行

東北地方の他県において緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置区域に指定された場合。

レベル3への移行

岩手県が岩手緊急事態宣言(直近1週間の対人口10万人あたりの新規感染者数が15人を超えた場合)を宣言した場合。または岩手中部圏域において直近1週間の対人口10万人あたりの新規感染者数が15人を超えた場合。

上記の場合のほか、市内での感染が拡大する恐れがある場合において、市コロナウイルス対策本部会議の決定によりレベルを移行する場合があります。

レベル4への移行

レベル4へ移行は、岩手県が緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置区域に指定された場合。

上記の場合のほか、市内での感染が拡大する恐れがある場合において、市コロナウイルス対策本部会議の決定によりレベルを移行する場合があります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

花巻市役所
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
電話:0198-24-2111