岩手県は中部保健所管内において教育・保育施設6として新たなクラスターの発生があったことを公表しました(9月10日掲載)

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1015048  更新日 令和3年9月10日

岩手県は中部保健所管内において教育・保育施設6として新たなクラスターの発生があったことを公表しました

本日、岩手県は9月9日の教育・保育施設5の事例とは別の中部保健所管内の教育・保育施設の乳幼児3名、職員1名に新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されたと発表しました。

4名の方は、保護者またはご本人のご希望により、中部保健所管内在住と発表されていますが、すべての方が、同一の教育・保育施設の方であると公表され、昨日までに陽性が確認された家族3名とともに、教育・保育施設6として新たなクラスターであるとの発表がありました。

その教育・保育施設はすでに休園しておりますが、岩手県によると、感染経路について現在調査中ですが、教育・保育施設乳幼児や職員約70名については昨日までにPCR検査が終了しており、今後ご家族の検査に移っていくとのことです。

市民の皆様には、不要不急の外出の自粛のほか、マスクや手洗いなど基本的な感染予防対策の徹底を改めてお願いいたします。

また、感染された方やそのご家族、接触者の方の身元特定につながる情報をインターネット等に記載しないとともに、誹謗中傷等偏見や差別が起きることがないよう、皆様のご理解とご協力をお願いします。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策室
〒025-0055 岩手県花巻市南万丁目970番5号
電話:0198-29-5275 ファクス:0198-41-3606
新型コロナウイルス感染症対策室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。