ナビゲーションをスキップする

運営方針

萬鉄五郎記念美術館は、県央の中核美術館施設として美術館教育の役割の一端を担っています。
萬鉄五郎の調査研究と、展示、保存を中心に、萬と関わりの深い美術家や岩手の近現代美術家について、学芸活動の推進を図るとともに、市内外の人々に優れた美の鑑賞機会を数多く提供しています。
また、萬鉄五郎作品資料の収集とあわせて、それらの資料を画像・映像データとして広く一般の人々や研究者に資料提供しています。

展示概要

萬鉄五郎記念美術館は日本の近代美術の先駆者の一人、萬鉄五郎(1885-1927)を顕彰するため1984年5月開館しました。当館は萬の生地である土沢が一望できる、彼がこよなく愛した「舘山」に位置しています。
当館では「萬と土沢」をテーマに、萬の油彩画・水墨画・素描などの作品にあわせ、ノート・書簡・写真や遺品など、この画家に関する資料を所蔵・展示しています。

美術館の概要

敷地面積

3,303平方メートル

構造

鉄筋コンクリート2階建 銅板瓦

建築面積

457平方メートル (建物床面積 707平方メートル )

施設概要

1階展示室、2階展示室、遺品展示室、ロビー、事務室、収蔵庫

付属施設

八丁土蔵(萬鉄五郎生家の土蔵を移築。展示ギャラリー、喫茶コーナーとして使用)

利用案内

入館料、開館時間・休館日、案内図はこちら 利用案内

この記事についてのお問い合わせ

萬鉄五郎記念美術館

電話
0198-42-4402
FAX
0198-42-4405

028-0114 岩手県花巻市東和町土沢5区135

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

周辺地図

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る