ナビゲーションをスキップする

労働災害発生及び花巻労働基準監督署からの是正勧告に対する是正内容

平成30年4月11日付けで花巻労働基準監督署から受けた是正勧告に対し、以下のとおり是正改善内容を報告し受理されました(平成30年4月27日)

  1. これまで保護帽及び安全帯を海洋センター事務所内のみに配備していたが、新たに保護帽及び安全帯を艇庫内にも購入・常備し、作業を実施する場合は速やかに装着することとした。また、今般の解体作業においては、高さ1.2メートルの足場脚立を新たに購入し、保護帽及び安全帯を装着の上、作業を実施することとした。なお、解体作業については、本報告書の提出後に実施する予定である。
  2. 作業を指揮する者を指定し、当該職員に直接作業を指揮させるとともに、作業前に作業員と作業内容や工程について打合せ会議を行うこととした。
  3. 上述した打合せ会議において、作業員の担当と作業場所を指定し、立入区域をしていすることとした。
  4. これまで保護帽及び安全帯を海洋センター事務所内のみに配備していたが、新たに保護帽及び安全帯を艇庫内にも購入・常備し、作業を実施する場合は速やかに装着することとした。

上記内容に基づき、今後は作業員の安全面を重視した対応に取り組みます。

労働災害発生及び花巻労働基準監督署から是正勧告

花巻市海洋施設(田瀬湖ボート場)の東和艇庫において発生した労働災害で、花巻市に対し花巻労働基準監督署から是正勧告がありましたのでお知らせいたします。

発生日時

平成30年4月4日(水曜日)午前9時43分頃

発生場所

花巻市東和町田瀬29-1 花巻市海洋施設(田瀬湖ボート場) 東和艇庫1階

発生状況

市雇用の作業員1名(39歳男性)が艇庫内1階の高所に設置した棚を解体するために棚上部のコンパネ等を下に降ろす作業をしていたところ、約3.3メートルの高さから誤って転落し頭部を打ち、岩手県立中部病院に搬送されました。

傷病名及び程度

頭蓋骨骨折、右側頭葉脳挫傷、外傷性くも膜下出血(岩手県立中部病院に入院加療中)

是正勧告の内容

平成30年4月11日付で花巻労働基準監督署から以下のとおり是正勧告を受けました。

  1. 作業員が高さ3.3メートルの作業床(天板)の端で、単管から成る物置の解体作業を行っているとき、防網を張り、当該労働者に安全帯を使用させる等、墜落による危険を防止するための措置を講じていなかったこと。(労働安全衛生法第21条第2項及び労働安全衛生規則第519条第2項
  2. 物置の解体作業を行う場合において、次の措置を講じていなかったこと。作業を指揮する者を指定して、その者に直接作業を指揮させること。あらかじめ、作業の方法及び順序を当該作業に従事する労働者に周知させること。(労働安全衛生法第21条第1項及び労働安全衛生規則第529条)
  3. 解体作業のため物体が落下することにより労働者に危険を及ぼすおそれがあるときに、防網の設備を設け、立入区域を設定する等当該危険を防止するための措置を講じていなかったこと。(労働安全衛生法第21条第2項及び労働安全衛生規則第537条)
  4. 物置の上方において他の労働者が作業を行っているところにおいて作業を行うとき、物体の落下による労働者の危険を防止するため、当該事業に従事する労働者に保護帽を着用させなかったこと。(労働安全衛生法第21条第2項及び労働安全衛生規則第539条第1項)

今後の方針

是正勧告により改善を指示された事項について、是正・改善するとともに、今後は作業員の安全面を重視した対応に取り組みます。

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ振興課

電話
0198-24-2111(代表)
FAX
0198-24-0259(代表)

025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号

ホームページからのお問い合わせ

市役所へのお問い合わせ

アンケートにご協力ください

この記事はいかがでしたか?

このページの先頭部へ戻る