令和4年度共同企画展「早池峰の花を紹介した人々ー早池峰植物研究小史ー」(12月10日から令和5年2月12日)を開催します

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1017567  更新日 令和4年12月9日

イベントカテゴリ: 歴史・文化 暮らし・健康・子育て

開催エリア:大迫地域

「早池峰の花を紹介した人々」ー早池峰植物研究小史ー

令和4年度花巻市共同企画展ぐるっと花巻再発見!イーハトーブの先人たち

北上山地の最高峰・早池峰山は、地層の古さや蛇紋岩を基盤とする地質条件、地理的位置、その他の自然条件が複合し、稀にみる高山植物の宝庫・花の名山として知られています。薬師岳を含めた早池峰連峰の植物およそ650種のうち、高山植物は約200種を数えるといわれ、固有種、北限種、南限種など貴重な植物に、国内外の植物研究者が注目してきました。
今企画展では、幕末に植物採集の指導や学術発表を行ったロシア人植物学者マキシモヴィッチ、その指導を受け植物採集を行った須川長之助、国内の研究者として学術発表を行った牧野富太郎、地元の研究者である杉村松之助や玉川七郎などを中心に、早池峰山の植物研究に関わってきた先人の足跡を辿ります。

早池峰の花を紹介した人々展ポスター

開催期間

令和4年12月10日(土曜)から令和5年2月12日(日曜)まで

年末年始は12月28日から1月3日まで休館

開催時間

午前9時 から 午後5時 まで

最終入館時間は午後4時30分

開催場所

花巻市総合文化財センター 企画展示室
住所:岩手県花巻市大迫町大迫3-39-1
電話番号:0198-29-4567

入場料

大人200円、小中高生100円(20名以上の団体割引は各50円引き)

上記料金で常設展もあわせてご覧いただけます。

展示構成

(1)早池峰山の信仰と歴史

北上山地の最高峰・早池峰山は、古来より信仰の山でした。水の神、田の神、山の神、海上守護神として崇敬を受け、また、先祖の霊の登る山としても考えられてきました。
江戸時代には信仰の拠点であった嶽妙泉寺は盛岡城東の鎮山とされ、歴代藩主の篤い崇敬と庇護を受けます。近代以前の早池峰山の信仰と歴史、描かれた早池峰山の姿について紹介します。

早池峰山の信仰と歴史

(2)科学と早池峰山

幕末の開国や明治の幕開けは、西洋の最新の学問や科学技術、制度などを日本にもたらしました。早池峰山や北上山地も植物学や地質学といった学問の研究対象となっていきます。
植物学では、ロシア人植物学者・マキシモヴィッチが日本の植物相調査のため来日し、須川長之助を採集助手として1868(明治元)年にヒメコザクラを発表します。地質学では、ドイツ人地質学者エドムンド・ナウマンが1881(明治14)年に地質調査を開始し、5年後の1886(明治19)年に東北地方の地質図「予察東北部地質図」が発行されます。
信仰の山・早池峰山は、近代以降の科学によって、高山植物の希少性や地質の特異性などが明らかになっていきます。早池峰山の特徴について紹介します。

科学と早池峰山

(3)早池峰の花を紹介した人々ー早池峰植物研究小史ー

早池峰山の植物研究は、マキシモヴィッチと須川長之助から始まります。外国人であるマキシモヴィッチは日本国内を自由に歩くことを許されず、植物の採集を須川に頼み、研究を続けました。また、牧野富太郎やそれに続く国内の研究者、杉村松之助など地元の研究者たちが調査を進め、早池峰山の植物相の解明が進展します。
旧早池峰山岳博物館に所蔵された植物標本や蔵書、写真パネルなどから早池峰の高山植物を紹介するとともに、早池峰の植物研究に関わった先人の足跡を紹介します。

早池峰の花を紹介した人々

(4)山岳博物館と植物研究

1965(昭和40)年に結ばれたオーストリア共和国・ベルンドルフ市と旧大迫町の国際交流を機に、大迫町立山岳博物館は設立されました。
オーストリアの民家風の建物であった山岳博物館は、ベルンドルフとの交流を示す品々や早池峰山、登山に関する資料を展示・紹介しました。また、地元の植物研究の拠点として親しまれ、学芸員・玉川七郎は、『早池峰の植物』の刊行に携わりました。山岳博物館の活動について紹介します。

山岳博物館と植物研究

入場料等

大人200円、小中高生100円(20名以上の団体割引は各50円引き)

上記料金で常設展もあわせてご覧いただけます。

入館料の減免について

  • 花巻市内・遠野市内に在住する小学生と特別支援学校の(小中学生)は受付で「まなびキャンパスカード」を提示すると、本人と付き添い1名の入館料が無料となります。
  • 花巻市内・遠野市内に在住する中学生は受付で「まなびキャンパスカード」を提示すると、入館料が無料となります。
  • 花巻市と遠野市の高等学校に在籍する生徒は生徒手帳を提示すると、入館料が無料となります。
  • 富士大学学生は学生証を提示すると、入館料が無料となります。
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳等のご提示で入館料が無料となります。また、障がい者1名につき付き添いの介護者1名の入館が無料となります。
  • 花巻市消防団応援事業制度により「花巻市消防団員カード」のご提示で消防団員は全額、消防団員の同伴者(5名まで)は半額無料となります(消防団応援公共施設一覧)。

周辺地図

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
現在、Googleカレンダーに取り込めない不具合が発生しております。申し訳ございませんが、復旧まで今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

花巻市総合文化財センター
〒028-3203 岩手県花巻市大迫町大迫第3地割39番地1
電話:0198-29-4567 ファクス:0198-48-3001
花巻市総合文化財センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。