小さな恋のものがたり みつはしちかこの世界 展

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002125  更新日 平成31年1月21日

イベントカテゴリ: 歴史・文化

開催エリア:東和地域

開催期間

平成28年7月16日(土曜)から平成28年9月25日(日曜)まで

開催時間

午前8時30分 から 午後5時 まで

(入館は午後4時30分まで)

みつはしちかこのイラスト1
(c)Chikako Mitsuhashi

みつはしちかこのイラスト2


今日、日本のマンガは、多彩な描写とストーリーで世界に冠たる表現性を獲得してきたといえます。なかでも52年もの長きにわたって普遍的なテーマに真摯に取り組んできたマンガ家が〈みつはしちかこ〉です。
彼女が描く『小さな恋のものがたり』は、ちんちくりんの女子高生「チッチ」とノッポでイケメンの「サリー」が織りなす淡くせつない恋心を描いた純愛学園ストーリーです。二人の純粋な片思いの物語は、青春の甘く切ない思い出として多くの読者の共感を呼び、今なお愛されている不朽の名作です。
チッチのひた向きな姿と、爽やかでユーモラスなストーリーもさることながら、作品を特徴づける魅力として見逃すことのできない画中に添えられた詩と絵のハーモニーも、愛される一因となっています。

2014年、惜しまれながら最終巻を迎えた『小さな恋のものがたり』ですが、本展ではこの『小さな恋のものがたり』を中心に『ハーイあっこです』『わたがしふうちゃん』など、〈みつはしちかこ〉がこれまでに描いたマンガ作品をたどりながら、彼女の活動を振りかえるとともに、マンガに込めた思いを探ってみたいと思います。

展覧会名称

小さな恋のものがたり みつはしちかこの世界 展

会期等

休館日

月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)

会場

萬鉄五郎記念美術館(岩手県花巻市東和町土沢5区135番地 電話番号:0198-42-4402)

入館料

一般600円(550円)、高校・学生350円(300円)、小・中学生250円(200円)

(カッコ内は20名以上の団体料金。花巻市内小・中学生は「まなびキャンパスカード(含ふるさとパスポート)」、花巻市内在住の高校生と花巻市内の高校に在学する生徒は生徒手帳、富士大学学生は学生証を受付で提示いただくと、土曜・日曜・祝日と長期休暇期間の入館料が無料となります。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳等のご提示で入館料が無料となります。また障がい者1名につき付き添いの介護者1名の入館料が無料となります。)

主催

萬鉄五郎記念美術館

後援

岩手日報社、岩手日日新聞社、盛岡タイムス社、河北新報社盛岡総局、朝日新聞盛岡総局、毎日新聞盛岡支局、読売新聞盛岡支局、日本経済新聞社盛岡支局、産経新聞盛岡支局、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、花巻ケーブルテレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、奥州エフエム、えふえむ花巻

出展作品

1.小さな恋のものがたり 初恋の思い出

1971年連載を開始し2014年ついに最終巻を迎えた、ちんちくりんな女子高生チッチと、のっぽでイケメンなサリーの初恋ストーリー『小さな恋のものがたり』 。みつはしの代表作である『小さな恋のものがたり』のマンガ原稿250枚とカラーイラスト原画80枚を展示。

2.みつはしマンガの住人たち

『ハーイあっこです』『わたがしふうちゃん』『アララさん』『初恋のりりあん』など、みつはしちかこの様々な魅力あふれるマンガ 原画80点を展示。

3.詩とエッセイ・イラスト

みつはしが手掛けた詩とイラスト雑誌『いつかどこかで』掲載のイラストや、ユーモアたっぷりの旅行記など、原画30点により、みつはしの大きな魅力の一つでもあるの詩とエッセイを堪能できるコーナー。

4.絵手紙

漫画だけではなく、絵手紙の世界でもみつはしちかこの活躍は続く

みつはしちかこ 略歴

1941年、茨城県生まれ。幼いころから絵や詩、漫画に親しむ。高校卒業後、放送劇部時代の漫画日記をもとに四コマ漫画『小さな恋のものがたり』を描きため、雑誌『美しい十代』(学研)でデビュー。同作は1977年に日本漫画家協会優秀賞を受賞、単行本第43集(2014年終刊)まで続くロングセラーに。1980年から22年間、朝日新聞日曜版で『ハーイあっこです』を連載。ほか、エッセイ、詩画集など著書多数。2015年、50年を超える功労が認められ、手塚治虫文化賞特別賞、日本漫画家協会文部科学大臣賞を受賞。現在は『栄養と料理』(女子栄養大学出版部)と『俳壇』(本阿弥書店)で連載中。

みつはしちかこチラシ表

みつはしちかこチラシ裏

周辺地図

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

萬鉄五郎記念美術館
〒028-0114 岩手県花巻市東和町土沢5区135
電話:0198-42-4402 ファクス:0198-42-4405
萬鉄五郎記念美術館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。