花巻市醸造技術習得支援事業補助金

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1014531  更新日 令和3年7月2日

ワイン・シードル等醸造技術の研修生を受け入れた場合の経費を支援します

花巻市において、ぶどう、りんご、西洋梨、ブルーベリー及び梅(以下「果実」という。)を原料とする酒類製造者の確保、育成及び定着を図るため、醸造技術の習得に資する研修を受ける者(以下「研修生」という。)を、酒類製造者等(以下「研修受入者」という。)が受入れる場合の経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

対象者

研修受け入れ者(ワイナリー等)

対象となる研修生の要件

(1) 市内で果実を原料とする酒類を製造又は外部への委託により製造した酒類を販売する意向があること。
(2) 酒類製造を業とする法人等と雇用契約を締結している被雇用者でないこと。

注)いずれにも該当する者

対象となる研修受入者の要件

(1) 自己の醸造場を所有していること。
(2) 酒税法(昭和28年法律第6号)の規定による酒類の製造免許を取得していること。
(3) 果実を原料とする酒類の製造実績を有していること。
(4) 研修計画に基づく醸造技術の指導を確実に実行できること。

注)いずれにも該当する者。

補助金の額

補助金の額は、受入れる研修生1人につき1日5,000円とし、研修を実施する日数に乗じて得た金額とする。

研修内容の要件

補助事業の対象となる研修内容は、果実を原料とする酒類の醸造工程に関する知識及び技術、その他醸造に関連する内容とする。

研修期間の要件

補助事業の対象となる研修期間は、研修生及び研修受入者が合意した期間とする。

事前承認が必要

研修生を受入れようとする場合は、醸造技術習得研修計画(様式第1号)を提出し、事前承認が必要です。

研修の報告

研修受入者は、研修計画(様式第1号)による研修終了後に、醸造技術習得研修状況報告書(様式第2号)を提出しなければなりません。

申請様式

その他

詳細につきましては、下記記載のお問合せ(定住推進課)までご連絡をよろしくお願いいたします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

定住推進課
〒025-8601 岩手県花巻市花城町9番30号
定住推進係 電話:0198-41-3516 ファクス:0198-24-0259(代表)
定住推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。