病害虫発生予報・速報

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1009121  更新日 令和4年10月31日

令和4年 病害虫発生予報・速報

新着情報

いわてアグリベンチャーネット掲載の病害虫防除予報・速報についてお知らせします。詳細は、添付ファイルをご確認ください。

  • 雪腐病は平年並の予報ですが、例年発生する圃場や県北部、高標高地帯等の根雪期間が長い地域では、雪腐病の種類に応じた防除を必ず実施しましょう。(予察情報7)

リンゴ

  • 腐らん病は平年並の予報ですが、多発園では、落葉期に特別散布を実施しましょう。(予察情報7)
  • 野ネズミは平年並の予報ですが、積雪前にできるだけ園内を清耕、清掃し、野ネズミが生息しにくい環境にしましょう。(予察情報7)
  • 今年ナミハダニの発生が多かった園地では、粗皮削りを丁寧に行うとともに、マイカ線の下も確認し、集団 越冬が確認された場合はマイカ線を交換しましょう。(予察情報7)

特殊報

岩手県におけるクロゲハナアザミウマの初確認について

【経緯】

  • 令和4年4月、岩手県南部のキク栽培圃場において、アザミウマが原因と思われる被害が発生しました。同年6月に被害葉に寄生していたアザミウマを岩手県病虫防除所において調べたところ、「クロゲハナアザミウマ」であることが確認されました。
  • クロゲハナアザミウマは全国に生息しており、沖縄県等ではキクの最重要害虫とされています。同様の被害は前年度もあり、上位葉まで加害され品質低下する事例も確認されていたことから、岩手県においても以前からキクに対する被害があったものと思われます。

【防除対策】

  • アザミウマ類に登録のある薬剤で防除は可能ですが、葉裏に寄生していることが多いため、葉裏まで薬剤がかかるよう丁寧に散布しましょう。
  •  キクの葉の被害は、ハダニ類による「葉のかすれ」と似ているため、加害種を確認のうえ、薬剤を選定しましょう。
  • 圃場周辺の雑草管理を徹底しましょう。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-23-1400(課直通) ファクス:0198-23-1403
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。