農作業中の「クマ出没」にご注意ください

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1013232  更新日 令和2年11月19日

農作業中、クマとの不意の遭遇に十分ご注意下さい

クマによる人身被害や出没事例が多数発生しています。農作業中のクマとの遭遇についてあらためて注意をお願いします。

農作業を行う際に注意すべき事項

  1. 作業中にラジオなど音の出るものを携帯するなど、自分の存在をアピールしてください。
  2. クマ類の出没情報に留意し、クマ類の行動が活発になる早朝、夕方の作業時には、周囲に気を付けてください。
  3. 森林、斜面林などのそばの農地は、クマ類の出没ルートとなりやすいので特に注意し、周囲の灌木の刈り払いなどを行ってください。
  4. 頻繁にクマ類が出没する地域においては、できるだけ単独での作業は避けてください。

誘引物の除去

  1. クマ類を誘引する生ゴミや野菜・果実の廃棄残さ等を適切に処理してください。
  2. 農地では果樹園が最も被害を受けやすいところであり、収穫後の放置果実は適切に除去してください。
  3. クマ類は、収穫物収納庫に入り込んで採食することもあるため、収納庫はきちんと施錠するなど管理を徹底してください。
  4. 草刈機などに使われるガソリンなどの揮発性物質も、クマ類の誘引物となるため、保管場所等に注意してください。

注意喚起リーフレット

花巻市内における人身被害発生状況(令和2年度)

日時
概要
令和2年9月17日午後4時頃

大迫町内川目第19地割地内にて、70代男性が自宅付近を散歩中、山林から現れたツキノワグマに襲われ頭部を負傷。

令和2年9月19日午前6時頃
太田第34地割地内にて、70代女性が自宅付近の畑で農作業中、ツキノワグマに襲われ頭部を負傷。現場は水田地帯であり、周辺に山林はないものの、用水路と社寺林があり、ツキノワグマの移動経路となった可能性がある。
令和2年9月19日午前9時頃

太田第27地割地内にて、70代男性がツキノワグマ追払いのため社寺林内を捜索活動中、出合頭に襲われ右足を負傷。

令和2年10月9日午前7時頃
円万寺字同心川地内にて、80代女性が自宅付近で軽作業中、ツキノワグマに襲われ頭部を負傷。現場は水田地帯であり、周辺に山林はないものの、用水路と屋敷林が点在しており、ツキノワグマの移動経路となった可能性がある。

関連ホームページ

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-23-1400(課直通) ファクス:0198-23-1403
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。