4月15日から6月15日まで「春の農作業安全月間」です

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1014071  更新日 令和3年4月13日

岩手県農作業安全運動スローガン「全集中 ゆとりの呼吸で 安全作業」

4月15日から6月15日まで春の農作業安全月間です。安全フレーム、安全キャブ付きトラクターを使用し、シートベルト・ヘルメット着用を徹底しましょう!

全国農作業安全確認運動ステッカー

岩手県内において、令和2年度に4件の農作業死亡事故が発生しており、令和元年度の11件からは大幅に減少したものの、過去10年間の平均で1年当たり約11件と高止まりしています。花巻市内でも平成30年度、令和元年度、令和2年度にそれぞれ1件の農作業死亡事故が発生しています。

春の農繁期を迎え、農業機械を扱う機会が増加します。農作業事故を防止するため、慣れた作業でも今一度安全を確認しましょう。

農作業事故を防ぐため、次のことを心掛けましょう!

  • ゆとりある計画的な作業を心がけましょう。
  • 日頃から農業機械のスイッチの位置を家族で共有し、いざというときに誰でも機械を停止できるようにしましょう。
  • 一人での作業は避け、家族には作業場所と帰宅時間を知らせましょう。
  • 農業機械の動作中は、作業者以外、農業機械に近づかないようにしましょう。
  • 万が一の時に備えて携帯電話を持ち歩きましょう。
  • 農業機械の横転、転落事故から体を守るため、トラクターには必ず安全フレーム装着し、運転者はシートベルトをしめましょう。
  • 乗用型トラクターの転倒転落による死亡事故が多発しています。
  • ほ場や路肩は事前に点検し、路肩がわかるよう草刈りをしたり、路面のくぼみは埋めるなど補修をしましょう。
  • まだ明るいと思わず、早め早めのライト点灯を心がけましょう。
  • 道路上での接触、追突等の事故を防止するため、農業機械に夜光反射材を積極的に付けましょう。
  • 万が一のために労災保険の加入をしましょう(法人の場合は従業員数にかかわらず加入義務があります。)

安全フレーム、安全キャブ付きトラクターを使用し、シートベルト・ヘルメット着用を徹底しましょう!

乗用型トラクターからの転倒・転落は、農作業に係る死亡事故の最大の発生要因です。安全フレーム・キャブの無いトラクターで転倒・転落事故を起こした場合、死亡につながるケースが多くなっています。さらに、安全フレーム・キャブのあるトラクターでもシートベルトを着用しなければ、安全域の中に身体が固定されないため、転倒した際に身体を守ることはできません。

安全フレーム、シートベルト等が装備されていないトラクターを所有されている場合には、安全を確保するためにも、これらの追加装備や買い換えなどの検討をお願いします︕

乗用型トラクターの安全フレーム等の効果を発現するため、乗車時のシートベルト・ヘルメットの着用を徹底しましょう︕

トラクタ安全フレーム画像

岩手県内の死亡事故の発生状況(過去10年間)

  • 年平均11.4件の死亡事故が発生しており、そのうち乗用型トラクタによる事故が約4割を占めています。
  • また全体の4分の3ほどが65歳以上の高齢者の事故であり、そのうち75歳以上は約6割を占めています。
  • 発生時期としては4月から6月までが多く約5割を占めています。
  • 水田の法面や路肩からの乗用型トラクターの転落、農業機械による挟まれ事故などが起きています。
  • 農作業死亡事故「ゼロ」を目指し、危険か所・危険作業を改めて確認し、農業者だけではなく周囲の方も声掛けをするなど、地域をあげて取り組みましょう。

公道での農業機械の運転の際は、取扱説明書を参照し必要な免許の種類を再確認しましょう。

農業機械操作に必要な免許の種類

作業機付きトラクタの公道走行について

ロータリー等の作業機付きトラクタの公道走行が、「必要な対応をとった場合」に可能になりました。以下のページから注意点や必要な対応についてご確認ください。

畜産農家の方へ

畜産分野においても、トラクターやホイルローダー等の農業機械作業により、死亡を含む深刻な事故が発生しています。また、死亡に至る事故こそ少ないものの、家畜に由来する事故の減少も重要であり、このためには、ヘルメット、安全靴及び手袋の着用が非常に有効です。

家畜由来の事故防止の留意点(画像および添付ファイル)をご確認ください。

家畜による事故防止

農作業に伴う道路の泥汚れ防止・野焼きによる山火事注意について

  • 農作業後に農業機械について泥は、道路に出る前に落とし、道路に落ちた泥は交通の妨げにならないようすぐに片づけましょう。
  • 野焼きによる山火事にも注意しましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-23-1400(課直通) ファクス:0198-23-1403
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。