「未来を担う園芸産地一番星育成事業」取組事例集公表のお知らせ

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1002346  更新日 平成31年4月2日

園芸生産のイノベーションの取り組みを支援・普及するための事業「未来を担う園芸産地一番星育成事業」の2016年から2018年の事例集が公開されています

掲載事例

詳細は、事例集をご覧ください。

2016年

  • セネシオの生産販売拡大に向けた取組
  • 極晩生系切花りんどうの出荷期間延長技術の確立
  • 8月盆需要期向けりんどうの出荷期間延長技術の確立
  • 「多目的微細霧システム」の導入による単収向上
  • 鮮度保持剤による地域オリジナル品種のブランド確立
  • ほうれんそうの栽培及び出荷の省力化
  • 生分解性マルチの導入によるレタスの生産性向上

2017年

  • 夏秋ミニトマト栽培における「環境制御・環境モニタリング」の導入実証
  • 肥効調節型肥料と葉色素計を用いたOHゆりの品質向上
  • 「セネシオ」の生産販売拡大に向けた取組
  • 温湯処理技術を利用した小菊育苗体系の構築
  • 8月盆需要用向け品種の生産拡大とELFバケットを利用した予冷庫保管出荷体制の構築
  • りんご「ジョナゴールド」の有利販売
  • たらの芽促成栽培の安定生産に向けた取組

2018年

  • 夏秋イチゴの単収向上に向けた日長制御技術の導入実証
  • 需要期に対応可能な品種の生産拡大と開花前進対策
  • 「二子さといも」の産地維持・拡大に向けた取組
  • 葉菜類のかん水管理の自動化実証
  • ミニトマトのIPM技術の導入による防除体系の構築
  • 長期販売体系の実現に向けた露地野菜における秋冬型の検証
  • ほうれんそうの遮光管理の省力化

問い合わせ先

岩手県 農産園芸課 園芸特産担当

電話番号:019-629-5709

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-23-1400(課直通) ファクス:0198-23-1403
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。