ため池ハザードマップとは

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1011107  更新日 令和2年6月18日

ため池ハザードマップとは

近年、地震や大雨等の自然災害により、ため池が決壊し、ため池から下流の地域での死者や行方不明者が出るといった被害が発生しています。そこで、防災、減災の取り組みの1つとして、ため池ハザードマップ作成が全国で行われています。

ため池ハザードマップとは、地震や大雨等により、ため池が決壊した場合におけるため池浸水想定区域図を作成するとともに、ため池が破堤した際の被害予測や浸水範囲、避難場所等に係る情報を住民にわかりやすく提供し、被害を最小限に止めることを目的としたものです。

なお、地図に示された浸水想定区域以外でも浸水が起こる可能性がありますので、正確な情報を入手して 早めの避難を心がけてください

ハザードマップが作成されたため池が、直ちに「危険」ということではありません

ため池ハザードマップ

笹間地区

矢沢地区

湯本地区

河川氾濫等に関するハザードマップについて

河川氾濫等に関するハザードマップについては、下記のリンク先でご確認いただくことができます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

農村林務課
〒025-0052 岩手県花巻市野田335番地2(花巻農協総合営農指導拠点センター内)
電話:0198-24-2111(内線6277)ファクス:0198-23-1403
農村林務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。